英語の勉強を続けるコツ

他人に自分のやる気を起こしてもらう期待する甘ちゃん大人

やる気を他人のせいにする人は甘ちゃん大人。
最近、大人たちに甘ちゃんが多いです。
「やる気にさせてくれる人じゃないとできません」
仕事も上司に依存し、学習も自分以外の誰か次第。
人に委ねる=自分で自分を変えるつもりがない
→人が気に入らないことを言えばやらなくなる
これって大問題なわけです。
人に気に入らないことを言われたから、やめてやるってなる人。
そんな人にこの質問すると必ず図星で腹を立てます。
「だから今も昔も何も身についてないでしょう?」
人に少々きついことを言われたり、気に入らないことを言われた程度で
放り出すぐらいのものなら、真にやる気などないってことです。
「お前みたいな能なしに英語?できるわけねえじゃん。バカじゃねえの?」
って言われたことありますか?
私ありますよ^^
で?だから?と流して私はゆらぎません。
だってしたかったのですから。
それを言った本人は今大恥をかくことになってますけどw
やる気を人のせいにする=自分の選択に責任持てない=人間的成長もないし、何やってもダメ
最近こんな大人がいっぱいです。
仕事の現場でもたいしたことないです。
こういう人が「独立したいなあ」とか言ってるのを見ると、
「寝言は寝て言え」ってレベルなわけです。
10年以上観察していてわかったことがあります。
「この人はうまくなるな」と感じる人は
英語以外でも学習を通して人間的な成長したことがある人です。
逆に伸びないと思う人はそれを感じ取れない人です。
うまくいかないことがあるとすぐ怒るだけ、いじけるだけ、ふてくされるだけで、
そのあとのチャレンジがありません。
そして指摘されると「やる気がなくなった」と人のせいにするわけです。
そもそもしょうもないレベルで同じ指摘が飛ぶような人は
そのことをわかってるつもりと豪語してもできてないわけです。
できてないことを繰り返すから言われるわけです。
それに対して「やる気がなくなる」と人のせいにして、
自分がやめる理由にしてるわけです。
成長がない人は自己責任という言葉がない人です。
こういう人は何かあれば、自分以外に責任を押し付ける
被害者意識の強い人です。
こういう人は英語を教えてもダメです。
だから、私は最初からお断りしてます。
(断っていても、元々話を聞かない属性が多いのでどうしても一定数来ます)
こういう人を断る理由は単純です。
他の人にとって邪魔だからです。
他の人ができて自分だけできないとその場を壊す人がいるからです。
わめいて文句を言って、自分は悪くない。
自分だけできないのは人のせい
こう言う人がいるからです。
残念なことですが、そういう大人に出会わないことはありません。
自分を変えるという概念がないのです。
こういう人は自分が行動したら、自分以外のものが変わると勝手に思い込んでいます。
そうじゃないです。
自分が現実に対しての行動を変えるから、結果がついてくるわけです。
そのことを理解できてないので、学習をしても成長がなく、
結果も出ないで中途半端に投げ出してるわけです。
人に依存してるうちは何も変わらないというのはこういうことでもあります。
大手の塾ではないけど、結果を出してる学習塾には必ず退塾させられる生徒がいます。
そういう生徒は大人でも全く同じです。
やる気もないし、自分以外に依存して甘えているので、
結局行動もやっつけが多いです。
そして指摘されるとすぐふてくされてやめます。
こんな学び方しても楽しくもないし、時間もお金も無駄です。
こういう生徒をやめさせて引導を渡すのはある種やさしさでもあります。
やる気があって今頑張ってる人には目障りな存在にしか見えないです。
中学の頃から甘ちゃんマインドが染み付いてた男がいましたが、
大人になってもやはり甘ちゃんでした。
自分に都合よくないとすぐ自分以外のせいでやる気がなくなったと言い続けます。
「英語をなめている」と指摘した人ですぐ投げ出す人はこの特徴持っています。
結果を出すときに必要な我慢ができない大人。
増えています。
ノウハウうんぬんより、思考と意識の問題がダメにしてるケースが多いのです。

-英語の勉強を続けるコツ
-, ,

© 2020 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5