英語 発音 コツ

日本人っぽい英語発音から抜け出す方法

英語の発音っぽく発音しようとしてもなぜか日本人英語になってしまう。

そういうときはアクセントとリズムを見直すと効果的です。

 

日本人の発音はアクセント=強さで考えてしまいます。

 

アクセントは強さという感覚だとなんか通じないことがあります。

 

英語の発音でアクセントと聞くと「強さ」を意識するように言われてきたと思います。

実際は強さではなく、長く発音するという感覚の方が合ってます。

 

「アクセント=音の強弱」と考えがちですが、聞こえ方は長く発音してる感じです。

強く発音するところは他の部分より長さがあります。

 

アクセントの考え方を強弱から、長さという理解に変えるとすんなり発音が変わっていきます。

 

良い事例だと思うので紹介します。

 

英語の発音そのものだけではネイティブに近い発音ができないこともあります。

その原因はアクセントの理解です。

 

 

解説はこの動画がわかりやすいです。

 

 

 

  • この記事を書いた人
だぶさん

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-英語 発音 コツ
-,

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5