これを読まずに英語はするなコラム

「楽しさ」という言葉に逃げてないか?

最近何でも「楽しく」を強調するものが多いですね。
・楽しく無理しないダイエット
・楽しく無理なく学べる英会話
・楽しく学べる○○
楽しく○○シリーズと呼んでますが、
これが増えても楽しくやってる人が少ないのはなぜでしょうか?
「楽しくやるのが1番」という解釈は人それぞれ違います。
意欲があって、ガッツリやる人は
「遠慮なくガッツリやって、結果出すと楽しくやれる」
と考えます。
一方で、できるだけサボりたいだけの人は
「つらいと思うことやめんどくさいことは避けてもいいんだよね♪」
というおかしな解釈してます。
目先の楽しさに目がくらみ、結果出るとは思えない取り組み方をします。
言葉の意味を吟味しないで、都合良くデタラメな解釈をする人が
「楽しくやるのが一番」
とアドバイスをもらえば、当然「楽しさ」がおかしな解釈になります。
「楽しさ」を感じれそうな小手先のお遊びにしか手を出さず、
しっかりやるべき基礎は無視します。
「楽しく」という言葉を言いまくってる人ほど、
何の分野でも結果を出してないケースが多いのです。
人間やるなら、結果を出した方が楽しいです。
結果が出るから楽しいのです。
地味なことも楽しくやれます。
教材をあれこれ手を出してすぐやらなくなる人は
目先のものばかりでその裏を考えてない傾向ありです。
子供英会話でゲームや遊びばかりやっても
英語をちっとも覚えてない子が多いのはこういうことです。
ゲームをする遊びの時間にしかなってないところが
いかに多いことでしょう。
本当の楽しさを教えてないので、
簡単なことはできても上達してないのです。
大の大人が同じことをしようとしてる人がいるわけです。
その繰り返しで英会話歴30年で
過去形と未来形の使い分けできないという人がいました。
めんどくさくてもやれば1ヶ月あれば、
十分使えるものになります。
なぜやらないのか不思議です。
「楽しくやってればいずれ覚えるはずだ」
と言って、文法を無視して、しゃべってるつもりになれる
ノリだけの英会話レッスンに通っていました。
そのうちすぐネタ切れ起こして、何も言えないので
飽きてまた投げたようです。
辛口ですが、小手先の楽しさを追いかけてもすぐ飽きます。
そしてすぐ行き詰まり、楽しくなくなります。
そうするとまたすぐに別の小手先の楽しさを追いかけるようになります。
楽しくやるという本来の意図をはきちがえて、
都合のいいように解釈してデタラメやることが
自分にとって得なことでしょうか?
結果を出せてない人はこのこととよく向き合う必要があります。
楽しくやるというお題目を都合のいい逃げる言い訳に使ってないですか?

-これを読まずに英語はするなコラム
-, ,

Copyright© 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.