これを読まずに英語はするなコラム

海外でさえも英語が上達しない人が必ず持つ共通点

海外の絶好の環境にいても英語が全然上達しない人がいます。
海外にいたことを隠して闇の歴史にしてしまう人です。
こうなってしまう人が必ず持つ共通点があります。
そしてこの共通点として当てはまるもの場合、
「この人、英語上達しないで帰国するわ」
とすぐにわかります。
ノウハウでも教材の中身や英語の知識自体じゃないです。
このことを知れば、まず大きく改善することです。
発表しましょう。
答えは・・・
『自分にしか興味がない人』です。
なぜこれが言えるのか?
根拠は単純です。
自分にしか興味がない人は自分ベース以上のことに目を向けないからです。
自分にとって好都合か不都合か?
それをベースにしてやることとやらないことを決めるからです。
本質だろうが何だろうが、自分に不都合ならしません。
ノウハウをはしょったり、したくないと思えば、
考えもせず何でも拒絶するのです。
自分さえよければいいのです。
海外にいて日本人村の住人になった人たちは
人に興味がないです。
興味があるのは「自分の安全と安心だけ」です。
同じ境遇の人を見つけて安心して、
英語できるようにしてくれない環境に悪態ついてます。
何を求めて海外に来たか?
「勝手に住んでるだけで英語が上達すればいい」
という勝手なありもしないことを期待してきたわけです。
だから現地で悪態ついて自分以外のせいにするわけです。
自分のことにしか興味がないから、そういうありもしない「好都合」を
求めて、手に入らなければ文句を言うわけです。
日本で伸びない人も同じです。
人に興味がない人は伸びてません。
英語って人と人とをつなぐものですよね?
それなのに自分にしか興味がないという
何ともおかしな矛盾をしてるわけです。
英語を使う先には必ず人がいます。
文字だろうが、会話だろうが人相手です。
これまで何年も何やっても上達してない人は
まず間違いなく当てはまります。
人に関心を持ってないから、人見知りです。
人に関心を持ってないから、人の気持ちがわからないのです。
わからないから恐怖になって、尻込みします。
海外の人も私たちと同じ人です。
人に関心がないというのは致命的なことです。
人に関心がない人は教えられても学びがないし、
上達もしないことばかりです。
ちゃんと学ぶ人、ちゃんと練習してる人は人に関心持ってます。
実は「相手は人である」という基本が欠けている人が多いのです。
ちゃんと学ぶのがめんどくさいとか、ああだこうだというのは
自分レベルの範囲だけです。
ちゃんと学び、しっかり身につけるというのは
万人の得になります。
そういう目線で学ぼうとしてますか?
自分が実は自分のことばかり考えていた。
そういう人は今日限りでそういう姿勢を捨てることをおすすめします。

-これを読まずに英語はするなコラム
-, ,

Copyright© 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.