英語習得の基本知識

英語学習とは不快さを乗り越えること

何をやっても身につかないという人は
「学習は楽しくなくちゃね♪」
「楽しいことをすることが学習」
楽しいことをすれば何かが身につくと思っている。
楽しいことをすれば成長できると思っている。
BIGな勘違いです。
この考え方をした時点でもう結果が出ないことが決定です。
ズレた考え方と言っていいです。
学習するということは今までなかったものを身に付けることです。
自分にもできそうなやり方というものを探す人は
今まで通りでいたいということです。
先生から自分がやりたくないと思うことをするように言われると
必ず自分ではしょって削って、やってもいいレベルにします。
このはしょりが命取り。
今の自分でもやりやすくて居心地のいい学習方法をしようとするから
いつまで経っても英語が身につかない。
こういう結果になっている人が多いです。
世の中の大半の教材やノウハウが
「この居心地のいいやり方」を提供しています。
9割の英語学習者はこちらに飛びつきます。
こういうものは気持ちいいでしょう。
本来あるべき学習してスキルを身につけて、
自分が成長するという本質が置き去りにされています。
人生変えるぐらいのものがほしければ、
不快だとか気持ち悪いとかいうのを超えることです。

必ず伸びないで終わる人はここが共通しています。
気持ち悪いことや不快なことを歓迎するどころか、
あることそのものがおかしいという認識をしています。
存在しない方がむしろおかしいのです。
気持ち悪いとか不快というのは脳が現状維持で楽したいだけのシグナルです。
そのシグナルに騙されて、それから逃げるための言い訳をでっち上げる。
それがよくある
「自分には合わないと思います」
「自分にはできそうもありません」
「自分が期待したものとは違いました」
このような実際にやりもせず、本のレビューに書くような人がやってることをします。
成果が出てないという人。
物事の認識そのものが足を引っ張っている傾向あります。
うまくいかないこと前提。
うまくいくわけないこと前提。
この前提がなく、やったら、楽しくサクサクいくと思っているから、
いつまでも「居心地のいい」教材を買い続けなくてはならないのです。
買い続けても何も残りません。
英語が上達しない人は最初から英語をなめてかかりすぎなのです。
なめてるから、巷のいわゆる楽とか簡単とか強調したものを買うわけです。
そういうものと期待してやっても成果出てないでしょう?
不快なこと、気持ち悪いことと向き合って学習してない人で
まともに英語ができるようになった人はいません。
居心地のいいものを求めれば求めるほど、お金も時間も無駄にしています。
さっさと1回で終わらせましょう。
その方が得でしょう?
近道しようとして、遠回りするような取り組み方をしてきた思考を
今すぐ変えるかどうかです。
それでもまだ「自分に合ったやり方」というのを探す人は
今後も同じことを繰り返すでしょう。
自分に合ったやり方など、探しても探してもこれといって
完璧なものはありません。
世の中のノウハウというのは効果的に結果を出す方法なだけであって、
自分に合ってる合ってないなどは関係ないのです。
ノウハウが合わせるのではなく、
ノウハウを活用するのはあなたです。
ノウハウを活かす自分に変化する方が近道です。
自分に合ってるノウハウというものがあったとしても
それは現状維持できる程度のものです。
不快なことと向き合えというのはこういうことです。
不快なことを超えると気持ちよくなります。
できる人の「楽しい」というのはこれを指してます。
自分が今すぐ楽しいと思えることをすることではないのです。
英語学習で起こる不快なことはニヤニヤして歓迎できるのは
ひとえにそれがおいしいことだとわかるかどうかです。

不快なことを合わないとして逃げるのはやめにしてください。
それは合わないのではなく、あなたが変わるために必要なことだからです。

  • この記事を書いた人
だぶさん

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-英語習得の基本知識
-, , ,

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5