これを読まずに英語はするなコラム

30代以上で英語をやるときの注意点

30代から上の人がよくやらかす失敗があります。
「うまくやろうとして遠回りする」
特に40近い人や40過ぎてる人はこの傾向多いです。
経験も積んで知恵もつけると、
「目先の近道ばかり探してしまう」
ということがよくあります。
焦って当たり前のことを見落とし、
小手先に走る傾向の強い割合も高いです。
渋滞抜けようとして他の道に入ったら、
余計時間がかかったというのと同じです。
「楽で簡単にすぐ結果が出る」
という言葉にだまされやすい世代も
30代以上に多くなります。
(ダイエット関係は特に主婦の割合めちゃめちゃ多いです)
この人たちがダイエット産業を支えてるわけです。
(人間は増えてないのに、ダイエットもの売ってる会社は増えてるから)
「できるならうまくやって、労力も時間もかけたくない」
と思ってる人の割合も多く、
結果的に遠回りか結果出ない場合が多いです。
よく「3か月でネイティブ並みに英語マスターできますか?」
と聞いてくる人も多いです。
よく考えてみましょう。
ネイティブは年齢=英語使ってる時間
逆に私たちは
年齢=日本語使ってる時間
それなら、
「3か月であなたみたいに日本語話せるようになりますか?」
と聞かれたらどう答えますか?
1万はゆうに超える漢字の使い方を
3か月でやれって言われたら、できますか?
物理的に時間が少なすぎ。
→24時間ぶっ通しでやっても足りないやんけ
となるはずです。
「3か月で覚えたわけないやん」
→なら英語になぜそれを求めるの?
私たち日本人も日本語を意図的に学校や読書などを通して
長年かけて学んでます。
(自然習得を絶賛してるどっかの広告はここがわかってない)
日本語という母国語だけで言うなら、
スポーツで言えば、プロ選手です。
プロ選手に3カ月でちょいちょいやったぐらいで素人が勝てるか?
→コーチに質問したら、「アホか!」とブッタ斬られる
なぜか、30代を超える人でも英語になると
この「当たり前」すぎる事実がわからなくなる不思議な人がいます。
やってきた時間も量も違うという事実。
(あたかも言葉というのは自然に何もせず、覚えてきたような錯覚をしてる)
母国語でも自然習得オンリーな人はちゃんと書けない人多いです。
教育という制度を通して、
意図的に学習させてる可能になってる事実があります。
私が1年で土台を作れと言うのは
スポーツで言えば、
・体力
・筋力
・基礎技術
の3つです。
何のスポーツでもここがしっかりしてないプロはいませんよね?
(プロ選手の基礎体力と筋力はありえねーって思うぐらいすごいはず)
そこに技を覚えれば、持ってる筋力体力を駆使すれば、
同じ技でも全く違うものになります。
プロ野球選手のストレートとアマチュアでそこそこやってる人のでは
同じボールでも威力が違うのと同じです。
長期目線ない留学生やワーホリ行ってる日本人が
「英語なんて話せりゃいいや」
「通じりゃ、何でもいいんだよ」
で基礎を丸投げでとりあえず会話に走ってます。
英語っぽく発してればそれで話せた気になってます。
しかし、帰国して「海外にいたんだ」といい気になってても
海外行ったことないけど、基礎をしっかりやった人にあっさり抜かれます。
実際私が指導した海外経験ない人に抜かれて
敵意むき出しにした留学経験者もいます。
帰ってきても、付け焼刃英語なんで
仕事できるほどのレベルでもないわけです。
英語活かすようなことをやってる割合低いです。
30代を超える人もこのような方向に走ることがあります。
「手っ取り早く話せる気になれるなら何でもいい」
と練習の意味も考えなくなり、「わからない」で済ませ、
そして我流になってメチャクチャな英語になっていきます。
(自分がそうしてることも気付かないまま)
弟がソフトテニスのインターハイ選手だったのですが、
「基礎体力、筋力ないやつは技に応用ができないので、動きが単調。
何打ってきても予想つくし、余裕で返せるよ。
返すのだけで、必死だから。
すぐスタミナ切れするから、左右に揺さぶって
走らせればすぐくたばるから、すぐ仕留められるよ。」
基本やってない人間はテニスの試合でこうなります。
「仕事で英語を」と言いながら、
基本をおろそかにする人が実に多いです。
「応用効かない英語なら仕事であれこれ対応して使えるのかい?」
目先しか見ない近道しないで基礎がしっかりしてきたなら、
あとは数こなせばガシガシレベルアップします。
狙いはそこにあります。
30代以上の人はうかつに近道を探すと
かえって渋滞から抜けられなくなることをしないことをお勧めします。
今までの知恵や経験だのみにならないことが大事です。

  • この記事を書いた人
だぶさん

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-これを読まずに英語はするなコラム
-,

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5