ゴルフ 英語

ゴルフと英語の共通点

テレビで「炎の体育会」というテレビ番組を見ました。
その中でゴルフで韓国の女子プロと芸人チームが対戦しました。

 

 

これは英語でも活かせる考え方でした。

 

 

印象的だったのはロングパター対決。
どちらが先に入れるかという内容です。

 

 

芸人チームが3人先が1打目を打ちますが誰も入れられません。

 

 

1人目の雨上がり決死隊の蛍ちゃんが強さが弱くて、

 

登りになってるところを超えらない。

 

 

→弱過ぎると超えられない

 

 

2人目のキングコング梶原が強めに打つ

 

 

→強さが少しありすぎて少しコースからそれる

 

 

3人目のオリエンタルラジオの藤森
コースを少し変えて、梶原を見て、強さも調整

 

 

→いい感じだけど、少しそれる

 

 

 

そして女子プロの人。

 

 

3人のコースと打ち方を見て、ほんの数センチの差で1発で入りそうなところ。

 

 

思わず「すっげ(@_@;)」

 

 

かわいい顔してドエライスキル持ってるわけです。

 

 

 

 

 

 

結局は2打目で藤森がスーパーショットで芸人チームの勝利でした。

 

 

これを見て感じたことは

 

 

1.人が打ったところを見て、より入るコースを読むこと

 


2.人の打ったコースと自分の打つコースをイメージ

 


3.実際に自分の打ったことからコースを修正・力加減を調整する

 

 

 

 

女子プロの人は負けてしまいましたが、

 

この読み取りがすごいわけです。

 

 

ゴルフプロは試合のコースで何度もやってるわけでもないし、

 

同じ打ち方でできるとは限らない場面ばかりです。

 

 

しかし、スーパーショットはするし、

 

これは無理だと思えることをあっさりやってのけたります。

 

 

なぜか?

 

 

練習量=実践と検証の数です。

 

 

 

練習量が多いので、イメージと実際の打つことに誤差が少ないわけです。

 

 

だから、高確率で難しいことができるのです。

 

 

実際に打つ前のシミュレートと実際に打つことから誤差を検証して、

 

それをキッチリ修正する。

 

 

その繰り返しが精度につながっているわけです。

 

 

これは英語でも言えます。

 

 

使ってみたことと正しい英語、伝わる英語にするという誤差の修正を繰り返すことで

 

よりちゃんと使える英語になっていきます。

 

 

やり方そのものから、英文まで誤差とその修正を学ぶことが

 

英語の勉強と言ってもいいぐらいです。

 

 

修正した数で、できる量が決まります。

 

 

 

これはよく考えれば当然ですが、

 

すぐ投げ出す人は2,3回の修正ですぐあきらめます。

 

 

 

 

「どうせ無理だし」

 

 

「言われたとおりやってるのに成果出ないから、このやり方は意味がない」

 

 

とかいう判断になるわけです。

 

 

 

2,3回の練習でプロ並みのパットができるようになりますか?

 

2,3回ダメなら、才能がないことになりますか?

 

 

 

まず練習量足りてません。

 

 

ゴルフは打って修正・調整する。
修正・調整したことをいつでもできるようにする。

 

 

英語も同じで突き詰めればこれだけです。

 

 

修正と調整で精度を上げるのが練習の役割です。

 

 

練習=最初から完璧にできるかどうか?

 

 

と考えてる人が

 

 

「才能がない(向いてない)」

 

 

とか言うわけです。

 

 

すぐに投げる人は練習の意味がわかってないから、

 

自分でやる気をなくし、自分で自分をダメにしているわけです。

 

 

練習の意味を間違えてる人はやる気なくして、投げても不思議はありません。

 

 

修正ゼロの一発成功なんて考えてませんか?
そういうことは現実無理です。

 

 

本質から見て、練習の意味を考えてください。
そうすれば下手にすぐ投げ出すことがバカらしいということがわかります。

 

 

英語もゴルフも同じです。

 

 

数をこなす実践→検証→修正

 

このステップを繰り返して上達します。

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語を使うときにはずかしいと思う気持ちの克服法
英語を使うときに起きるはずかしいという抵抗を克服する方法
大人の理屈でやってないことをごまかしてないか?
大人の理屈を使って、本心ではやってないことがわかっているのをごまかして、向き合うべきことから逃げてないか?
料理で失敗する人と英語で失敗する人は同じ
どんな料理も下手な人は英語も同じように下手。下手クソになるズレた認識と置換癖が問題
英語にも通じるルーズベルト大統領夫人の名言
ルーズベルト大統領夫人の名言から英語を学ぶことにつながる秘訣を見出す
養殖か野性か?(単語帳でわかるマインド)
単語帳の付け方を指示するとわかる、1から10まで言われないと何もできない頭か、1つ、2つの指示で自分で考えて意図を見出す頭をしてる人の違い
なぜ今もあなたは英語ができるようになってないのか?
なぜ何年もやっているはずのに、英語がうまくならないのか?
始める恐怖に打ち勝つ方法
何かを始めるときによくある恐怖に打ち勝つ方法
厳しいウザイ英語の先生は本当は親切
厳しいウザイ先生の言うことを聞いていれば、違っていた人生になったかもしれない同級生の話
英語=金の卵を産むガチョウと同じ
英語は金の卵を産むガチョウをヒナから育てるようなもの
英語難民脱出のキーワード
英語難民を終わりにしたければ、やるべきたった1つの行動。
実力以上のプライドで英語が上達しない男性によくあること
実力がないのに、できるつもりの過信するプライドを持ち続ける男性は自分のできなさと直面すると腐って投げ出すことになる
自分はノーセンスと思えれば、英語はうまくなる
自分のセンスのなさに落ち込んでやめるより、ノーセンスと認めてそれでもできることをやれば英語はうまくなれる
「3匹の子豚」から学ぶ英語の勉強法の原点
「3匹の子豚」に出てくるオオカミという敵に対すると対処と英語学習に通じる話
スイーツ作りと英語をマスターすることは同じこと
スイーツ作りと英語をマスターすることは本質から考えると同じことをしている
TOEICで高得点をただ取れればいいという考えの落とし穴
TOEICで高得点を取ったあとに起きる悲劇
英語が確実に伸びる取り組み方
確実に飛躍的な実力の伸びをもたらすのはしたい練習を一生懸命にすることではない
英語の一番「鉄板」なやり方
一番鉄板なやり方を否定して小手先に走る人間は何をやっても上達がない。鉄板なやり方は効果を出してるから残っている。
英語を通して何を得たいですか?
英語を学び、身につける中で得られるものがある。英語以外で得られるものに目を向けていますか?
できない理由をつぶす方法
できない、やれない、おもしろくない。すぐあきらめて投げ出す理由をつぶす方法
悩み過ぎて動けなくなるぐらいにやってしまう方が楽
余計な悩み方をして動きを止めてしまうと頭で考えたことで苦痛になる。
英語がうまくなる人が必ず持っているもの
英語がうまくなる人は才能以外に必ず持っているものがある。
手本通りにキッチリ再現してみる方が結果が出る
スポーツジムで気づいた手本通りの大切さ
挫折を選択をするのは自分の責任
英語で挫折を繰り返す人は自分が挫折する選択をしている自覚がない
中学英語で十分なんてウソ
中学英語さえできてればOKという風潮だが、実際は中学英語以上のものを使えないと現実の会話に対処できない。
魔裟斗の強さと英語には通じるもの
一流の格闘家は基本がすごい。英語も同じで基本を磨けば、圧倒的な上達が見込める。
スタバによくいる「勉強したつもり」のダメなやり方をする人の特徴
スタバでよく見かけるダメな英語の勉強法を続ける人によくある特徴
英語は才能という迷信
英語は才能ではなく、英語は練習と質が上達度合いを決める
英語を身につける結果をお金で買おうという根性がそもそもダメだ
英語はお金を払ったぐらいでどうにかなるほど甘くはない。お金で思い通りにならないからこそ面白い
英語が好きなだけでは上達には不十分。愛せる人は必ず上達する。
英語が好きなだけの人は上達しないことが多い。英語がうまくなる人は必ずと言っていいほど、英語を愛せる人だ。
英語の上達には「価値観」「考え方」を持ち込むなという理由
英語上達の原理原則には価値観や考え方の違いという言葉を使う人間は上達しない。原理原則を無視した価値観や考え方はただ苦しくなるだけという話。
英語が上達しない人ほど、自分のやったことを過大評価する
自信満々なのに英語が上達しない人によくある共通点は成果が出る基準ではなく、「自分がやった=上達するはずだ」という過大評価をした思い込みをしている話