英語が確実に伸びる取り組み方

したいようにしてるだけでは伸びない

ダイエットで一番「鉄板」と言われるやり方は?

 

 

 

と聞かれたら、

 

 

 

『取ったカロリー以上に脂肪を燃やすまで動くこと』

 

 

 

 

 

 

とんかつの「鉄板」な作り方は?

 

 

 

『肉の筋を切って卵つけてパン粉をまぶす』

 

 

 

 

「鉄板」な方法が『気に入らない』と言う人も世の中にいます。

 

 

 

 

 

「鉄板」なのは成果が出てるので、

 

気に入る気に入らんの判断は関係ないことです。

 

 

 

「鉄板」と言われるやり方は

 

ほぼ間違いないから、

 

今も消えることなく存在してるわけです。

 

 

 

 

 

例えばジムの話です。

 

 

 

私はジムに通ってますが、

 

必ずいなくなるなーとわかる人がいます。

 

 

 

痩せたくてジムにくるのに成果出ずいなくなる人です。

 

 

 

痩せる鉄板は

 

 

 

『脂肪を燃えやすい体にして、

 

摂取カロリー以上になるように動くこと』

 

 

 

 

1.筋トレして脂肪を燃えやすい体にする

 

2.有酸素運動で脂肪を燃やす

 

3.食べ過ぎないようにして、栄養バランスを考える

 

 

 

 

1,2,3がかみあったときに

 

加速していくのがダイエットです。

 

 

 

 

 

 

 

来なくなる人の特徴

 

 

 

・体に負荷のない形だけのトレーニングをする

 

 

 

・結果が出ることではなく、できるだけサボって

 

やりたくないというだけの感情でやるべきことをしない

 

 

 

 

結果出ることを頑固にしません。

 

 

 

 

 

「筋トレヤダ」

 

 

 

「有酸素きついからしない」

 

 

 

 

 

乗馬マシンに乗ってるだけで、同じ脱落予備軍と仲良くなって

 

くっちゃべってるだけ。

 

(結果出してるメンバーは「やせるわけあるかい!」って全員ツッコミしてます)

 

 

 

 

 

あげく

 

 

 

「全然やせないよねー。ジムって意味ないからやめようかな」

 

 

 

とか言い出す始末。

 

 

 

 

 

これをとんかつに置き換えます。

 

 

 

 

 

面倒だから肉の筋切らない

 

 

 

手が汚れるから卵つけたくない

 

 

 

パン粉にまぶすの面倒

 

 

 

ええい!そのまま揚げちゃえ

 

 

 

 

 

→どうなりますか?

 

 

 

とんかつじゃなく、肉の素揚げw

 

 

 

 

ジムでいなくなる人は

 

 

 

はしょったあげく

 

 

 

「とんかつならんやん」

 

 

 

と嘆くのと同じことしてるわけです。

 

 

 

 

 

ダイエット難民、英語難民、資格難民、

 

1社も内定もらえない面接難民な学生

 

 

 

 

 

圧倒的な割合で「鉄板」否定派です。

 

 

 

 

「新しいことないの?」

 

「それ知ってるし」

 

「みんなが知ってるのは意味ない」(内定ゼロのひねくれ学生)

 

 

 

 

 

→知ってることとできるはちゃうよ?

 

 

 

 

 

彼らのやることは2つ

 

 

 

1.ずっと「目新しい響きの魔法」を追い求める

 

 

 

2.あきらめる

 

 

 

 

1になって「目新しい響きの魔法」絶対主義になってる人

 

 

 

 

 

いい本で結果出る方法であっても

 

アマゾンのレビューとかに

 

 

 

「新しいことは何もありませんでした」

 

 

 

とか必ず書く人間がいます。

 

 

 

(絶対結果出せない頭でっかち君だろって思える人)

 

 

 

 

 

テレビで目新しいダイエット法が紹介されると

 

飛びついてはやめてを繰り返すタイプと同じことです。

 

 

 

 

 

目新しい≠最高に結果が出る

 

 

 

というわけではありません。

 

 

 

 

 

魔法ばかり追いかけてる間に

 

鉄板をはしょらずやってる人は

 

さっさと結果出していきます。

 

 

 

近道な魔法探して、遠回りです。

 

 

 

 

 

「鉄板はできません」

 

 

 

と言う人ほど、

 

 

 

「不可能」と判断しただけで、

 

根拠がない場合多いです。

 

 

 

 

 

ただの思い込みかできないループにはまってるかの

 

どちらかです。

 

 

 

 

 

ジムの話に戻します。

 

 

 

ジムに通ってる人は全員結果出してないなら、

 

ジムというもの自体この世に存在しないでしょう。

 

 

 

→結果出てるがゆえに存在し続けてます。

 

 

 

 

 

「鉄板」がつらいからしない

 

 

 

 

 

→なぜつらいと思うか原因解明したかい?

 

 

 

ツッコむと答えでない人多数。

 

 

 

 

 

ただ感情で自分に不都合というだけで

 

「できない」と言い逃げただけ。

 

 

 

 

 

「鉄板」をわかったつもりになって、

 

ただやらず嫌いになってる。

 

 

 

そんな人も多いです。

 

 

 

英語の「鉄板」もダイエットと同じように

 

 

 

1.筋トレして脂肪を燃えやすい体にする

 

2.有酸素運動で脂肪を燃やす

 

3.食べ過ぎないようにして、栄養バランスを考える

 

 

 

 

 

これに相当することをさっさと実行した方が
早く結果出ると思いませんか?

 

 

 

どっかに魔法があると信じて追いかけて

 

何か変わったでしょうか?

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語を使うときにはずかしいと思う気持ちの克服法
英語を使うときに起きるはずかしいという抵抗を克服する方法
ゴルフと英語の共通点
ゴルフと英語学習に共通している数をこなすこと+検証→修正の重要度
大人の理屈でやってないことをごまかしてないか?
大人の理屈を使って、本心ではやってないことがわかっているのをごまかして、向き合うべきことから逃げてないか?
料理で失敗する人と英語で失敗する人は同じ
どんな料理も下手な人は英語も同じように下手。下手クソになるズレた認識と置換癖が問題
英語にも通じるルーズベルト大統領夫人の名言
ルーズベルト大統領夫人の名言から英語を学ぶことにつながる秘訣を見出す
養殖か野性か?(単語帳でわかるマインド)
単語帳の付け方を指示するとわかる、1から10まで言われないと何もできない頭か、1つ、2つの指示で自分で考えて意図を見出す頭をしてる人の違い
なぜ今もあなたは英語ができるようになってないのか?
なぜ何年もやっているはずのに、英語がうまくならないのか?
始める恐怖に打ち勝つ方法
何かを始めるときによくある恐怖に打ち勝つ方法
厳しいウザイ英語の先生は本当は親切
厳しいウザイ先生の言うことを聞いていれば、違っていた人生になったかもしれない同級生の話
英語=金の卵を産むガチョウと同じ
英語は金の卵を産むガチョウをヒナから育てるようなもの
英語難民脱出のキーワード
英語難民を終わりにしたければ、やるべきたった1つの行動。
実力以上のプライドで英語が上達しない男性によくあること
実力がないのに、できるつもりの過信するプライドを持ち続ける男性は自分のできなさと直面すると腐って投げ出すことになる
自分はノーセンスと思えれば、英語はうまくなる
自分のセンスのなさに落ち込んでやめるより、ノーセンスと認めてそれでもできることをやれば英語はうまくなれる
「3匹の子豚」から学ぶ英語の勉強法の原点
「3匹の子豚」に出てくるオオカミという敵に対すると対処と英語学習に通じる話
スイーツ作りと英語をマスターすることは同じこと
スイーツ作りと英語をマスターすることは本質から考えると同じことをしている
TOEICで高得点をただ取れればいいという考えの落とし穴
TOEICで高得点を取ったあとに起きる悲劇
英語が確実に伸びる取り組み方
確実に飛躍的な実力の伸びをもたらすのはしたい練習を一生懸命にすることではない
英語を通して何を得たいですか?
英語を学び、身につける中で得られるものがある。英語以外で得られるものに目を向けていますか?
できない理由をつぶす方法
できない、やれない、おもしろくない。すぐあきらめて投げ出す理由をつぶす方法
悩み過ぎて動けなくなるぐらいにやってしまう方が楽
余計な悩み方をして動きを止めてしまうと頭で考えたことで苦痛になる。
英語がうまくなる人が必ず持っているもの
英語がうまくなる人は才能以外に必ず持っているものがある。
手本通りにキッチリ再現してみる方が結果が出る
スポーツジムで気づいた手本通りの大切さ
挫折を選択をするのは自分の責任
英語で挫折を繰り返す人は自分が挫折する選択をしている自覚がない
中学英語で十分なんてウソ
中学英語さえできてればOKという風潮だが、実際は中学英語以上のものを使えないと現実の会話に対処できない。
魔裟斗の強さと英語には通じるもの
一流の格闘家は基本がすごい。英語も同じで基本を磨けば、圧倒的な上達が見込める。
スタバによくいる「勉強したつもり」のダメなやり方をする人の特徴
スタバでよく見かけるダメな英語の勉強法を続ける人によくある特徴
英語は才能という迷信
英語は才能ではなく、英語は練習と質が上達度合いを決める
英語を身につける結果をお金で買おうという根性がそもそもダメだ
英語はお金を払ったぐらいでどうにかなるほど甘くはない。お金で思い通りにならないからこそ面白い
英語が好きなだけでは上達には不十分。愛せる人は必ず上達する。
英語が好きなだけの人は上達しないことが多い。英語がうまくなる人は必ずと言っていいほど、英語を愛せる人だ。
英語の上達には「価値観」「考え方」を持ち込むなという理由
英語上達の原理原則には価値観や考え方の違いという言葉を使う人間は上達しない。原理原則を無視した価値観や考え方はただ苦しくなるだけという話。
英語が上達しない人ほど、自分のやったことを過大評価する
自信満々なのに英語が上達しない人によくある共通点は成果が出る基準ではなく、「自分がやった=上達するはずだ」という過大評価をした思い込みをしている話