女性に多く見られる英語を諦めるパターン

女性は自分を犠牲にして諦める

女性に多く見られる諦めモードになる思考をしていくパターンがあります。

 

 

女性に多いのは誰かのためという理由にすることです。

 

 

旦那さんのため
子供さんのため
友達付き合いのため

 

 

という理由です。

 

 

 

女性は誰かのために自分のしたいことを犠牲にすることを
当たり前のように行います。

 

 

女性本人はそれを当然のことのようにするので、
そのことに何の疑問も持たないのです。

 

 

しかし、この女性が持っている本能とでも言うべきものが
自分のしたいことになると足を引っ張り、邪魔をするのです。

 

 

 

「子供もいるのに、こんなことをしてていいのか?」

 

「今更英語なんて自分勝手なことをしてていいのか?」

 

 

こういう思考でどんどん迷い、やることが苦しくなってしまい、
投げ出してしまう人がいます。

 

 

 

誰かのためと言いながら、やめていくのですが、
本心は何となく違和感を感じています。

 

 

それを無視して「これでよかった」と無理矢理納得させている自分がいる。

 

 

こういう人がかなり多いです。

 

 

自分のしたいことをすることで安定性が崩れるのを極端に嫌がるのです。

 

 

これは太古の生存本能の一種と考えられています。

 

 

 

女性は人の気持ちを理解するのに長けているのに、
自分の本心のことになると疎い人がいます。

 

 

いざ「どうしたいの?」と聞かれてもよくわからない。

 

 

 

自分の気持ちがわからないので本当に答えられない人によくいます。

 

 

 

 

自分のことより相手のことばかり考えていて、
気持ちがよくわからないまま大人になっている人がかなり多いです。

 

 

本心はもっと自分のしたいことをしたいと思っていても
相手のしたいことを優先させて、自分のことは二の次。

 

 

ガマンできるうちはいいのですが、
それが積もってくると爆発することがあります。

 

 

些細なことなのに子供にありえないレベルで怒りをぶつけて当たったり、
急に無気力になってしまったり。

 

 

出てくる傾向は他にもいろいろです。

 

 

自分の気持ちと向き合ったことがない人は
自分が何でこんな暴走してるのかがわからないのです。

 

 

怒っていることはわかってもその原因が何のかがわからないのです。

 

 

人のことばかりになりすぎて、自分を大事にしてないのです。

 

 

いくら自分の気持ちを打ち消して誰かのために何をしても
どれだけやっても何か不満が残るのはこういうことからです。

 

 

自分のしたいことをやることは実は精神衛生上いいことです。

 

 

過去に「子供を理由」にやめようとした人がいました。

 

 

「本当は自分のために目いっぱい勉強することはよくないんじゃないか?」

 

 

頭の中で迷いながら、やってるのでどうしても思い切りがありません。

 

 

そしてうまくいかないことがあって、行き詰まり出すと
心にかかる負担が倍増します。

 

 

そうすると苦しみが増すので、英語を放り出す理由を探し始めます。

 

 

「子供のためにあれこれしてあげたい」

 

 

という正当化しやすい理由です。

 

 

自分のしたいことを放棄して、子供のためにとあきらめることが
本当に子供のためになるのか?

 

 

手取り足取りいつまでも自分を犠牲にしてでも
何でも世話をすることが本当に子供のためになるのか?

 

 

実はNOです。

 

 

子供のためという正当化を続けて、自分の気持ちを殺してきた人は
あまり感謝されないことも多く、自分の心が荒むので
子供とうまくいってない人が実は多いです。

 

 

不満を子供のせいと子供本人に言う母親もいます。
(私の母親もその1人)

 

 

 

親になったんだから勉強なんてしてる場合じゃないという大人が多いですが、
それは大きな間違いです。

 

 

学習を通して、人間的にも成長する方が子供にとっても
教育になることが多い。

 

 

自分がしたいことをして精神的にも満たされている方が
子供も安心していられます。

 

 

我慢して不満を隠しきれずにカリカリしてる方が
子供は不安だし、怖いものです。

 

 

彼女は続けることを選択しました。

 

 

続けたことによって弊害は出たか?

 

→ない。むしろ勉強教えてくれと言うようになった。

 

 

 

女性の人は自分の本心の気持ちを押さえつけてまで
相手に合わせようとし過ぎる傾向があります。

 

 

これが挫折にもつながるし、始めることさえもしない原因でもあります。

 

 

自分がレベルアップしたら、何がしてあげられますか?

 

 

一時的な円満のために自分を犠牲にしてガマンを続けてると
どんどんエネルギーを失います。

 

 

自分のしたいことをして壊れるのが怖いから
本心を隠し、何もしない人が多いです。

 

 

その不満が溜っていくのは子供が思い通りにならないときです。

 

それが親子関係を崩します。

 

 

 

私と私の母親のように。

 

 

 

女性の人。

 

 

自分を偽ったり、人がどうこうではなく、
自分はどうしたいのか?

 

 

いつまでもくすぶっている自分に本当に満足か?

 

 

その問いから逃げずに向き合ってください。

 

 

 

自分のしたいことをして生き生きしてる人を見て、
わがままと言う人がいますが、そういう人はできないから不満なのです。

 

 

そういう人の意見は受け入れるに値しません。

 

 

やりたいことをしてもいいという許可を与えるのは
誰かじゃありません。

 

 

自分です。

 

 

自分で決断をしてください。

 

 

人の顔色伺ってくすぶってるとエネルギーがなくなり、
かえって自分以外の人に悪影響になることもあるのです。

 

 

やりたい気持ちを優先させても罪じゃないです。

 

 

それで困ったことが起きたら、相談すればいいのです。

 

 

そのために先生がいるし、同じような境遇の学習仲間は知恵を貸してくれます。

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

どうして英語の勉強が続かないのか?
英語の勉強が続かない原因について
英語は一点集中で勉強するのが一番いい
英語は一点集中で勉強した方がいい理由
英語の勉強が続かなくなるためらい思考に対処する
英語の勉強をためらう思考に対処する方法
自分に合った英語勉強法は挫折する
自分に合った英語勉強法ほど挫折する原因とは?
焦ってすぐに結果を求めると英語はうまくならない
焦ってすぐに結果を求める人ほど英語がうまくならない理由
性格は英語の勉強が続くことと何の関係もない
英語の勉強を投げ出すのは性格そのものが原因ではなく、別の原因がある
目標の立て方のズレると続かなくなる
目標の立て方のズレると英語は続かなくなる理由
英語の先延ばし癖克服法
英語の先延ばし癖を克服するために必要なこと
英語をすぐあきらめる人に共通するズレた考え方
英語をすぐあきらめる人が共通してやっている結果の出ないズレた考え方の例
英語教材を買って「こんなはずじゃなかった」と後悔しないようにするには?
いい教材でも結果を出せずに「こんなはずじゃなかった」と後悔してあきらめる人によくあること
他人に自分のやる気を起こしてもらう期待する甘ちゃん大人
自分のやる気は他人によって起こせるものではない。期待すると落ち込んで投げ出す原因になる。
やりたいことなのに行動できない=行動にブレーキをかけてる心理
やりたいことなのに行動できなくなる心理状態について
正しい「頑張らない」で英語を学ぶには?
英語を学ぶときの正しい頑張らないことが必要。頑張らないの正しい意図を理解することが成功の秘訣
マイペースの解釈間違ってないですか?
マイペースの本当の意味を間違っていると何やってもうまくなれない
英語ですぐスランプになって逃げ出す人によくあること
英語学習でスランプになるとすぐ逃げ出す人によくある共通点
英語をやろうとする真の動機と向き合うべし
つらくなって逃げ出したときの「つらい」の正体は英語をやろうとした動機からくることがある
「楽しい」は絶対基準から外す
楽しいを絶対基準にすると英語がうまくならない方法ばかり手を出すことになって、上達しない
「楽しくやりたいだけ」という人が100%挫折しているのはなぜ?
「楽しそう」という表面だけを追いかけるのは「しっかりと使えるようにする」という大事な目的を見失う危険要因
スグスグ病=英語も含めて失敗まみれになる
スグスグと結果を今すぐに求める病気になると英語も含めて挫折しまくる結果になる
英語は「失敗=即終わりにするべき」ものはない
英語は「失敗=即終わり」じゃない。コンティニューし放題だから必ずクリアできる
勉強量への恐怖心を克服する
どんなに多い勉強量も分解すれば恐怖心を克服できる
継続できないのは生まれつきではない
継続できないのは生まれつきの性格や才能の問題ではない
英語の勉強法を変えても投げ出し続ける人へ
英語の勉強法を変えることは継続できない本当の問題解決にならない
自爆型投げ出しパターン
自分でややこして自爆するように投げ出していく人によくあるパターン
続く人とあきらめる人の分かれ目は?
最後までトレーニングをやりとおす人と途中でやめーたになる人の違いはここにある
無理と思っても慣れればできるようになる
最初は無理と思ってもそれがずっと無理だとは限らない。やってみて慣れていけばできるようになることばかり。
上達する習慣化と上達しない習慣化
習慣化は上達するやり方と上達しないダメなやり方がある
忘れてしまうことを気にしすぎない
忘れてしまうことを気にしすぎて、自分は頭が悪いんだと責めてしまい、やる気を失わないようにする
具体的じゃない目的ではモチベーションはすぐなくなる
具体的じゃない目的ではいくらがんばってもモチベーションはなくなっておしまいになる理由
自分の能力は伸ばせる
自分の能力は伸ばせないと思い込んでいて、いつも能力を超えるようなことから逃げてばかりいるのが継続できずに投げ出す人によくあること。能力は伸びるように鍛えれば伸びるもの。
【ノウハウコレクター必読】英語勉強法ノウハウそのものがやる気を維持させ、成功に導くのではない
英語勉強法ノウハウをいくら集めても「これ」と言ったものに出会えないノウハウコレクターに捧げる話。やる気を維持できないのはノウハウ集めをする動機にある。
頑張った達成感の後の油断に気を付ける
頑張った後の気分爽快さがズルズルと先延ばしとブランクにつながる挫折パターンに気を付けるべし。
勉強計画が思い通りにならないフラストレーションへの対処法
英語の勉強計画が「時間」から崩れていく人必見の時間に振り回されない計画のコツ。
英語学習ストレスに振り回されない方法
ストレスを感じることそのものが悪いのではなく、ストレスのかけ方が継続を難しくしていることもあります。ストレスマネジメントのコツ
脳に慣れない英語の勉強を慣れさせるコツ
挫折に多いパターンは張り切り過ぎて最初から頑張りすぎるやり方をすることです。新しい習慣として脳に慣れさせ、長時間こなせるようになるために必要なことを紹介します。
あなたが考えてる「英語が上達しない理由」は間違っている
「才能がない」「時間がない」「主婦だから」「働きながらは英語は無理だ」自分が思い込んだ理由こそが英語が上達しない原因だと信じて疑わない人が本当は間違っていることが多いのは脳の仕組みによります。
英語をマスターしたいなら、脳はうぬぼれが強い言い訳の天才であることに気をつける
英語をあきらめたり、上達を妨げる言い訳思考とちょっとできるとうぬぼれてしまい、あとで痛い目を見るうぬぼれ思考に対処し、英語上達をより確実にしていくコツ
自分はこうだという思い込みの原因を知り、思い込みを捨てれば英語は上達しやすい
根気がない、勉強が苦手、意志が弱いなどの思い込みはほとんどは自分の解釈でしかない。自分はこうだという思い込みを捨てれば、苦痛は減る。
英語学習は失敗と改善こそが重要
英語学習はできるつもりが失敗することがよくあります。失敗することをどう考えるかは重要なマインドです。失敗したときに自分がダメだと思い込んでやる気を失ってやめてしまうのはもったいないです。
英語の上達が早い人はモチベーションの源が何であるかをわかっている
ノウハウさえよければ英語はすぐ上達すると考えて、モチベーションの源を知ることを疎かにしてる人は上達できない理由について
嫌々にならずに英語の勉強を続けるために必要な3つの力
新年の目標に英語を身につけようと思っても、嫌々になってすぐやめてしまう場合、足りないと思われる3つの力について
無意識で「英語は絶対できるようにならない」と思っているから、続かない
潜在意識は無意識で思い込んでいることを知ることです。無意識で「英語は自分には無理だ」と思い込んでいるままで、ノウハウや教材に頼っても結果は出ません。無意識に気づくことがつらさと挫折をなくす最短の方法です。
英語の上達はセルフイメージで大きく結果が変わる理由
英語の上達はノウハウのみを知っても成果が出ないことがあります。成果の差はセルフイメージによって大幅に違いが出ます。
英会話初心者は「楽しい」『楽しくない」を持ち込むと挫折を繰り返すという話
英会話初心者は練習や勉強方法に「楽しくやる」を無視する方が英語は上達するという話。