英語 上達 セルフイメージ

セルフイメージによって、人は失敗をどう捉えるかを決める

英語は必ず練習でミスをします。
やり方を間違えて失敗もします。

 

教える側として、ポジティブなフィードバックだけでなく、ネガティブなフィードバックもしなくてはなりません。

 

ポジティブなフィードバックばかり期待する人はすぐ落ち込んでやる気をなくします。

 

 

英語を上達させる上で、ポジティブなフィードバックだけもらい続けるというのはありえないです。

 

むしろ、ミスや失敗からどう学ぶか?

 

 

ミスや失敗こそ上達のカギです。

 

 

これにどう対応するかこそが上達できる人とできない人の差です。

 

 

それを分ける大きな理由は『セルフイメージ』です。

 

 

セルフイメージは簡単に言うと、「自分はできるやつ」と思ってるかどうかです。

 

 

「自分はできるやつ」と思っているなら、できることが増えます。
「自分はできないやつ」と思っているなら、できることが増えません。

 

 

あなたは自分のことをどう思っていますか?

 

根気がある人間?
根気がない人間?

 

才能があると思っている?
才能がないと思っている?

 

 

どんなふうに思うことであれ、あなたは自分が思った通りの人間になります。

 

それが潜在意識(無意識)にも焼き付いてその通りになろうとします。

 

 

セルフイメージの差がミスや失敗の解釈にも差が出ます。

 

それが以下のようになります。

 

 

 

セルフイメージが低いと成果が出せないスパイラルになる

セルフイメージが低い人の思考回路はこのようになりがちです。

 

 

 

 

やってみて悪いフィードバックがくると、自分と結びつけて「やっぱり自分はダメ」という証拠にします。

 

 

単に原因を追求して修正すればいいことでも、自分がダメだからという解釈になります。

 

自分がダメだからと考えるので、やる気もなくなりやめてしまいます。

 

 

最新のノウハウをいくら手に入れたとしても、ミスや失敗は必ずあります。

 

それをいちいち自分がダメだからという理由にするのは不毛です。

 

 

英語が上達するサイクルは修正すること

これまで私が直接指導した人たちの中には

 

英語の上達がかなり早い人
ゆっくりだけど確実に上達していく人

 

 

どちらのタイプもいますが、1つだけ共通することがあります。

 

それは、『失敗のフィードバックは必ず修正して上達できるようにした』だけです。

 

 

失敗は悪ではありません。

 

自分がダメだからするわけでもありません。

 

 

上達の過程で避けられないものです。

 

ゼロにすることはできません。

 

むしろセルフイメージが低い人よりもした回数は多いです。

 

 

 

成果を出してきた人の思考はこういう感じです。

 

 

英語がうまくなる人とならない人の思考の比較

 

悪いセルフイメージを変えるには?

自分なんて才能ないし
自分なんて根気がないし

 

こんなふうに思っているとその通りになります。

 

 

悪いセルフイメージを変えられない一番の原因は

 

 

「自信がない」

 

 

という理由です。

 

 

「自信=できる根拠orできた根拠」で考えているから、いつまでも自信がない状態になります。

 

 

英語ができるようになりたいあなたは今まで英語ができるようになった経験がありますか?

 

ないですよね?

 

 

あるわけがないです。

 

 

だって、今できるようになろうとしてるわけですから。

 

 

それなら、できる根拠を探すのはナンセンスではないですか?

 

 

 

「じゃあ、何で自信にすればいいの?」と思いますよね?

 

 

それは「できる根拠」ではなく「許可」です。

 

 

 

あなたは英語ができるようになってもいい。

 

 

それを自分自身が許可するのです。

 

 

 

自信がないという状態はあなたが自分自身に「英語ができるようになってもいい」と思ってないことを意味します。

 

 

だから、英語がやりたくて始めたのに意味もなく苦痛ばかりになるでしょう?

 

失敗やミスすると「自分がダメだから」と考えて、ストレスばかり。

 

 

そういう思考をやめてしまうことです。

 

 

できるようになってもいいのだから、失敗やミスは当然起こるものと考える。

 

そして、それを上達の糧にすること。

 

 

たったこれだけです。

 

 

「自分は英語をできるようになっていい」と許可してあげてください。

 

 

こんな自分が英語なんてと絶対に卑下しないこと。

 

 

あなたの価値はあなた自身にしか高めることはできません。

 

 

これを忘れないでください。

 

 

セルフイメージのことを知るには潜在意識を学ぶといいですよ。

 

 

 

石山 喜章 あさ出版 2015-08-21
売り上げランキング : 91803

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

どうして英語の勉強が続かないのか?
英語の勉強が続かない原因について
英語は一点集中で勉強するのが一番いい
英語は一点集中で勉強した方がいい理由
英語の勉強が続かなくなるためらい思考に対処する
英語の勉強をためらう思考に対処する方法
自分に合った英語勉強法は挫折する
自分に合った英語勉強法ほど挫折する原因とは?
焦ってすぐに結果を求めると英語はうまくならない
焦ってすぐに結果を求める人ほど英語がうまくならない理由
性格は英語の勉強が続くことと何の関係もない
英語の勉強を投げ出すのは性格そのものが原因ではなく、別の原因がある
目標の立て方のズレると続かなくなる
目標の立て方のズレると英語は続かなくなる理由
英語の先延ばし癖克服法
英語の先延ばし癖を克服するために必要なこと
英語をすぐあきらめる人に共通するズレた考え方
英語をすぐあきらめる人が共通してやっている結果の出ないズレた考え方の例
英語教材を買って「こんなはずじゃなかった」と後悔しないようにするには?
いい教材でも結果を出せずに「こんなはずじゃなかった」と後悔してあきらめる人によくあること
他人に自分のやる気を起こしてもらう期待する甘ちゃん大人
自分のやる気は他人によって起こせるものではない。期待すると落ち込んで投げ出す原因になる。
やりたいことなのに行動できない=行動にブレーキをかけてる心理
やりたいことなのに行動できなくなる心理状態について
正しい「頑張らない」で英語を学ぶには?
英語を学ぶときの正しい頑張らないことが必要。頑張らないの正しい意図を理解することが成功の秘訣
マイペースの解釈間違ってないですか?
マイペースの本当の意味を間違っていると何やってもうまくなれない
英語ですぐスランプになって逃げ出す人によくあること
英語学習でスランプになるとすぐ逃げ出す人によくある共通点
英語をやろうとする真の動機と向き合うべし
つらくなって逃げ出したときの「つらい」の正体は英語をやろうとした動機からくることがある
「楽しい」は絶対基準から外す
楽しいを絶対基準にすると英語がうまくならない方法ばかり手を出すことになって、上達しない
「楽しくやりたいだけ」という人が100%挫折しているのはなぜ?
「楽しそう」という表面だけを追いかけるのは「しっかりと使えるようにする」という大事な目的を見失う危険要因
スグスグ病=英語も含めて失敗まみれになる
スグスグと結果を今すぐに求める病気になると英語も含めて挫折しまくる結果になる
英語は「失敗=即終わりにするべき」ものはない
英語は「失敗=即終わり」じゃない。コンティニューし放題だから必ずクリアできる
勉強量への恐怖心を克服する
どんなに多い勉強量も分解すれば恐怖心を克服できる
継続できないのは生まれつきではない
継続できないのは生まれつきの性格や才能の問題ではない
英語の勉強法を変えても投げ出し続ける人へ
英語の勉強法を変えることは継続できない本当の問題解決にならない
自爆型投げ出しパターン
自分でややこして自爆するように投げ出していく人によくあるパターン
続く人とあきらめる人の分かれ目は?
最後までトレーニングをやりとおす人と途中でやめーたになる人の違いはここにある
無理と思っても慣れればできるようになる
最初は無理と思ってもそれがずっと無理だとは限らない。やってみて慣れていけばできるようになることばかり。
上達する習慣化と上達しない習慣化
習慣化は上達するやり方と上達しないダメなやり方がある
忘れてしまうことを気にしすぎない
忘れてしまうことを気にしすぎて、自分は頭が悪いんだと責めてしまい、やる気を失わないようにする
女性に多く見られる英語を諦めるパターン
女性に多く見られる英語を諦めることを正当化する言い訳のよくあるパターン。実は自分の精神衛生上よくないことです。
具体的じゃない目的ではモチベーションはすぐなくなる
具体的じゃない目的ではいくらがんばってもモチベーションはなくなっておしまいになる理由
自分の能力は伸ばせる
自分の能力は伸ばせないと思い込んでいて、いつも能力を超えるようなことから逃げてばかりいるのが継続できずに投げ出す人によくあること。能力は伸びるように鍛えれば伸びるもの。
【ノウハウコレクター必読】英語勉強法ノウハウそのものがやる気を維持させ、成功に導くのではない
英語勉強法ノウハウをいくら集めても「これ」と言ったものに出会えないノウハウコレクターに捧げる話。やる気を維持できないのはノウハウ集めをする動機にある。
頑張った達成感の後の油断に気を付ける
頑張った後の気分爽快さがズルズルと先延ばしとブランクにつながる挫折パターンに気を付けるべし。
勉強計画が思い通りにならないフラストレーションへの対処法
英語の勉強計画が「時間」から崩れていく人必見の時間に振り回されない計画のコツ。
英語学習ストレスに振り回されない方法
ストレスを感じることそのものが悪いのではなく、ストレスのかけ方が継続を難しくしていることもあります。ストレスマネジメントのコツ
脳に慣れない英語の勉強を慣れさせるコツ
挫折に多いパターンは張り切り過ぎて最初から頑張りすぎるやり方をすることです。新しい習慣として脳に慣れさせ、長時間こなせるようになるために必要なことを紹介します。
あなたが考えてる「英語が上達しない理由」は間違っている
「才能がない」「時間がない」「主婦だから」「働きながらは英語は無理だ」自分が思い込んだ理由こそが英語が上達しない原因だと信じて疑わない人が本当は間違っていることが多いのは脳の仕組みによります。
英語をマスターしたいなら、脳はうぬぼれが強い言い訳の天才であることに気をつける
英語をあきらめたり、上達を妨げる言い訳思考とちょっとできるとうぬぼれてしまい、あとで痛い目を見るうぬぼれ思考に対処し、英語上達をより確実にしていくコツ
自分はこうだという思い込みの原因を知り、思い込みを捨てれば英語は上達しやすい
根気がない、勉強が苦手、意志が弱いなどの思い込みはほとんどは自分の解釈でしかない。自分はこうだという思い込みを捨てれば、苦痛は減る。
英語学習は失敗と改善こそが重要
英語学習はできるつもりが失敗することがよくあります。失敗することをどう考えるかは重要なマインドです。失敗したときに自分がダメだと思い込んでやる気を失ってやめてしまうのはもったいないです。
英語の上達が早い人はモチベーションの源が何であるかをわかっている
ノウハウさえよければ英語はすぐ上達すると考えて、モチベーションの源を知ることを疎かにしてる人は上達できない理由について
嫌々にならずに英語の勉強を続けるために必要な3つの力
新年の目標に英語を身につけようと思っても、嫌々になってすぐやめてしまう場合、足りないと思われる3つの力について
無意識で「英語は絶対できるようにならない」と思っているから、続かない
潜在意識は無意識で思い込んでいることを知ることです。無意識で「英語は自分には無理だ」と思い込んでいるままで、ノウハウや教材に頼っても結果は出ません。無意識に気づくことがつらさと挫折をなくす最短の方法です。
英会話初心者は「楽しい」『楽しくない」を持ち込むと挫折を繰り返すという話
英会話初心者は練習や勉強方法に「楽しくやる」を無視する方が英語は上達するという話。