TOEICの点数が下がった場合の英語の学習方法相談

KTさんの英語学習相談

急なメール誠に申し訳ございません。
英語が伸び悩んでおり、何とかアドバイスを頂ければと思いご連絡致しました。

 

-詳細-

 

英語学習歴:4年
TOEIC最高得点:650(L375 W275)
1日の勉強時間:約1〜2時間
学習内容:シャドーイング、暗唱、ディクテーション

 

最高得点650点をとった約1年後に受けたTOEICでは595点と下がってしまいました。
この期間の勉強時間は今までより増やしたにもかかわらずこのような結果でした。

 

正直途方にくれてしまいましたが、英語を何とかものにしたいです。
特にリスニングをもっと伸ばしたいのですが、何か効果的な勉強方法は無いでしょうか?

 

またリーディングや英作文等の勉強はこれまで取り入れた事がないのですが、この様な学習はリスニングを伸ばすことが出来るのでしょうか。

 

本気で英語を何とかしたいと思っております。
どんな些細な事でも良いので、何かアドバイスを頂けないでしょうか。

 

お忙しい中、申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。

 

回答

 

 

ご質問ありがとうございます。

 

実はこのような伸び悩みパターンになる人は結構多いです。

 

 

基本的には以前に相談してくれた方と同じパターンと言えます。

 

 

https://www.eigogenius.net/freesodan/freesodan1.html

 

 

 

結論から言うと、今のままでは頭打ちになります。
土台の底上げが絶対必要です。

 

 

ポイントを分けて解説していきますね。

 

 

 

 

TOEICの点数が下がった原因

 

 

新TOEICになってから、問題の傾向が一気に変わりました。

 

使えるレベルの理解がないと点が取れません。

 

公式問題を見ても、今までのやり方は通用しなくなってます。

 

 

TOEICの点数が下がったのは、ズバリ使える力が弱いという結果を示しています。

 

 

 

 

使う練習をしてない→使う経験不足→伸びがない

 

 

これが顕著に出ます。

 

 

 

【やるべきこと】使える英語の土台にしよう

 

 

TOEICがどうのこうのは一旦忘れてください。

 

意識すると、点を取るためが目的になります。

 

 

TOEICの本来の目的は「英語がこれぐらい使えますよ」という証明であって、

 

 

×点を取るための勉強=使える能力を養う

 

 

という考え方をしてしまうとドツボにはまります。

 

 

TOEIC600点前後というのは文法が弱い証拠になります。

 

 

土台の底上げにはリーディングとライティングの強化が必要になります。

 

リーディングもライティングも土台はすべて文法です。

 

 

文法を徹底的に見直して、使いこなす練習をする。

 

 

それだけで壁は破れます。

 

 

すべての土台は文法ありきです。

 

文法は一般的に「こういうもんだ」と思われてる理解より、遥かに奥が深く効果も高い知識です。

 

 

  1. わかってるつもり
  2. やったつもり
  3. できてるつもり

 

 

これら3つに該当する部分がボロボロ出てきます。

 

「わかっていなかったことに気づいていなかった」ということが見えてきます。

 

 

それも英語学習には必要な過程です。

 

 

 

英語は

 

読める量≧聞ける量という法則があります。

 

 

読んでもわからない英語ましては使い方がわからない英語はいくら聞いても効果がありません。

 

 

使える英語を聞き取れるようにするのがリスニング本来の目的です。

 

 

このあたりはこの記事でも解説してます。

 

 

https://www.eigogenius.net/listening/listening7.html

 

 

 

シャドーイング、暗唱、ディクテーションの本来の意味

 

 

 

シャドーイング、暗唱、ディクテーションの3つで英語を伸ばすことは不可能です。

 

 

英語の音の感覚を磨く+発音強化の側面が強いです。

 

あくまでこの3つを支えるのはリーディングとライティングの力です。

 

 

使える英語を身につけるためのトレーニングではありません。

 

音慣れと発音のために行うものです。

 

 

もっと言ってしまえば、補助トレーニングみたいな要素があります。

 

必要なトレーニングではありますが、土台を底上げできるものではありません。

 

 

むしろ、シャドーイングやディクテーションは文法上級レベルを使える人がやった方が効果が高いです。

 

初級中級レベルの人がやるとかえって害にさえなります。

 

今やるべき練習ではありません。

 

 

今の現状で続けても全くと言っていいほど、効果は出なくなります。

 

TOEIC600点ぐらいは小手先の対策でどうにでもなります。

 

 

 

600点レベルまでなら、どうにもでなってしまうのでそのままのやり方を続けようとする人が多いです。

 

ここで気づいたのはよかったと思います。

 

 

現状800点レベルの問題集を解いても、解説を読んでもさっぱりわからないと思います。

 

900点レベルはもはやお手上げになります。

 

 

それに仮に今のやり方を続けてTOEICで高得点を取ったところで、使えなければ全く意味のない努力です。

 

 

このあたりはTOEIC高得点を取ったがゆえに苦しむ結果になった人の事例を見てください。

 

https://www.eigogenius.net/column2/column66.html

 

 

 

まとめ

 

 

 

  1. TOEICの点を基準に学習を考えるのはやめる
  2. 土台作りで文法を徹底にやり直す
  3. シャドーイング、ディクテーションは一旦やめる

 

 

3つがポイントです。

 

 

TOEICはあくまで「英語を使える人が取るから意味がある」ものであって、
点を取ることそのものを目的にしても意味がありません。

 

 

英語を学ぶ本質から見直して、学習をし直してみてください。

 
スポンサードリンク


関連ページ

TOEIC750点前後、今後どのような勉強をしていけば伸びるでしょうか?
海外駐在の仕事をしたいのですが、TOEIC750点前後で伸び悩んでる。今後どのような英語学習をしたらいいかという相談
「娘が英語が苦手なんです。どうしたら成績が上がるでしょうか?」という質問に答える
娘が英語が苦手。苦手意識をなくすために必要なことを解説。
洋画や英語圏のアニメのセリフを暗唱することは英会話(特にスピーキング能力)を上達させる上でどれほど有効でしょうか?
TOEIC935点を取得者からの相談。「英語が流暢に話せるトレーニングとして、洋画やアニメのセリフ暗唱は有効でしょうか?」という相談の回答
模試で必要な英語力が伸びず、苦手意識を持っていて困っています。
現役の高校生からの英語学習相談。定期試験では点が取れるが、模試では全く点が取れない。どういう勉強をすればいいのかという解説。