関係代名詞 the

最初からtheが付く関係代名詞

 

aとtheの使い分けが苦手な人がこのページを見ていると思います。

 

a=初めて出るとき
the=2回目以降

 

このような単純化し過ぎた理解でいると関係代名詞はわけがわからなくなります。

 

 

theにはこのような定義があります。

 

相手→同じ人(物)←私

 

theにはあなたと私は同じもの指してますという意味があります。

 

 

theを使うパターンは大きく分けてこの2つが多いです。

 

・話の流れから同じものを指すとき
・お互いがすでに同じものである情報を持っている

 

 

例えば、昨日女性2人組でクラブに行ったとします。
そこでナンパしてきた男と出会ったとします。

 

そこで翌日、その男の話題を出します。

 

 

 

I saw the guy who we met at the club yesterday this morning.
Really!? Did he talked to you?
No.I walked away before he found me.

 

「なんでいきなり初出なのにthe?」

 

と思うかもしれませんが、これはお互いがその男について共通の情報を持っているからです

 

We met at the clubという情報があるので、どの男か特定できます。

 

日本語でも同じようなことが言えます。

 

昨日クラブで会ったあの男見かけたよ。
え!?マジ??

 

これが、情報をはしょってしまうと・・・

 

「今朝、あの男見かけたよ。」
「あの男って誰?」
「ほら、昨日クラブで会ったあいつ。」
「ああ、あいつね。」

 

こういう会話の流れになると思います。

 

では、I saw a guy who we met at the club yesterday this morning.ではどういう意味になるのでしょうか?

 

これだと、昨日クラブで出会ったある男に今朝見たよという意味になります。

 

とある男と言ってしまうと誰だかわからない感じになります。

 

しかも、普通はクラブ遊びをするなら男なんていくらでもいます。
それに出会って話しかけられるような出会いがあった男は全員ではないし、特定ができるはずです。

theがつくのは情報共有がカギ

初出でいきなりtheがつく名詞の後ろに関係代名詞がある場合は、すでに何からの形でお互いが同じ人(物)を指せる情報があるというわけです。

 

特定できる情報共有がどこでされたかもaとtheの使い分けに関わってきます。
文章中の中だけとは限りません。

 

なぜいきなりtheが付くのかわけわからんと思った人は関係代名詞の後ろの文と
それ以前に何らかの特定できる情報がないかを探ってみてください。

 

応用編

 

ナンパしてきた男が複数いて、その男たちを見かけたという場合はどうするか?

 

I met the guys who we met at the club yesterday this morning.

 

theを省くと変なニュアンスになります。
クラブにいた男たちのうち、誰を言ってるのかが特定できません。

 

クラブでナンパしてきた男が複数いて、そのうちの1人と出会った場合はどうするか?

 

こういう場合は

 

I met one of the guys who we met at the club yesterday this morning.

 

とします。

 

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英文法を勉強する効果
英文法を勉強することで得られる効果とは?
文法を学ぶということの意味
英語学習で文法を学ぶことの本当の意味について
文法をおろそかにするとこんな悲惨な結末になる
文法をおろそかにすると起きる怖い悲惨な結末
過去形と現在完了形の使い分け方
過去形と現在完了形の使い分けの仕方
過去形と過去完了形の使い分け方
過去形と過去完了形の使い分けの仕方
toの後ろがingになる表現の考え方
toの後ろは動詞の原型とならない例外パターン考え方
I and youじゃない理由
I and youではなく、you and Iにする理由
英語学習の7割に相当する1つの項目
英語学習の7割に相当し、これを制すると英語を制すと言われる項目
文法嫌いだし・・・で止まってないですか?
文法嫌いは嫌いの本当の理由を見直して、文法のことを知り直せば克服可能
know aboutを正しく使えてますか?
文法嫌いは嫌いの本当の理由を見直して、文法のことを知り直せば克服可能
やっかいな複合語の攻略
覚えるのが大変な英語の複合語はこれを使って攻略する
go shopping to は間違いです
go shopping toは正しい英語ではないのはこういう理由
I feel coldは「寒い」じゃない
I feel coldが持つ本当のニュアンス
数えられる名詞と数えれない名詞 両方使うパターン
数えられる名詞と数えれない名詞の両方使うパターンの見分け方と使い方
何でもitにしたがる代名詞の間違い
代名詞を何でもitにしたがる間違い
日本人がよく間違うknowの使い方
日本人がよく間違うknow someoneの本当の意味
誤解されるI don't understand.の使い方
日本人がよく間違って使い誤解されるI don't understand.の本当の意味
日本語の「チャレンジ」はchallengeとは違う
日本語のチャレンジは英語の「challenge」と同じ意味ではない
hobbyは日本語でいう「趣味」に当たらない
hobbyは日本語でいう「趣味」として使うことはできない
couldとwas able toの違い
couldとwas able toには明確な意味の違いがある
ひと目でわかる英語の時制使い分け
英語の時制の使い分けがひと目でわかる図解解説
進行形と完了進行形の違い
英語の進行形と完了進行形の違いを比較して解説しました。
未来形と未来完了形の違い
未来形と未来完了形の違いについて図解と一緒に説明します。
苦手な関係代名詞を攻略する
苦手意識を持ちやすい関係代名詞の攻略について
willとbe going toの使い分け
willとbe going toの使い分けについて。学校英語では全く同じ意味で扱われてますが、実際は同じ意味ではありません。