英語 文法

過去形の特徴

過去形は現在から、過去のある時点を振り返るイメージです。

 

英語 過去形

 

 

過去形のポイントは

 

 

『その行為をいつしたのか?』

 

 

ということです。

 

 

認知言語学のコアイメージでも「振り返る」イメージとして定義されています。

 

 

簡単に言えば、

 

 

過去形はやったことが「いつ」なのか?

 

ということです。

 

 

時間軸を考えれば、今からどのくらい前かということです。

 

 

 

 

I cleaned my room.

 

I cleaned my room yesterday

 

I cleaned my room 10 hours ago.

 

I cleaned my room when I came back home.

 

 

この文の場合、掃除したのはいつか?ということです。

 

 

具体的な時間があるないに関わらず、
現在から過去のやった時点を振り返っていると考えます。

 

これが過去形の基本的な考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

現在完了形の特徴

現在完了形はhave+過去分詞の形をしてることは
知ってることですよね。

 

 

現在完了形は

 

「過去にやったことが現在につながっている(影響している)」

 

ということです。

 

 

英語 現在完了 

 

 

 

 

コアイメージでは「現在にズームアップ」という表現をします。

 

 

これをhaveと過去分詞のセットを見ていきます。

 

 

haveのコアイメージは「手に抱えて持っているイメージ」です。

 

 

過去分詞を抱えているイメージを考えてみれば、
「過去のことを抱えている」状態ができます。

 

 

つまり、過去のことを今に抱えているので、
何かしらつながっているか、影響があるわけです。

 

 

時間の焦点は現在です。

 

 

過去にやったことが何かしらつながっていて、影響してると言いたいのが
現在完了です。

 

 

時間の焦点が現在だから、agoのような過去形を使わないわけです。

 

 

 

forやsinceで長さを表現しますが、
これは影響の長さを示してると考えます。

 

 

 

 

 

I have lived here for 3 years.

 

I have lived here since I was 10 years old.

 

 

 

×I have lived here 2 years ago.

 

 

このような言い方はしないので、現在につながっているからです。

 

 

「いつしたか?」という過去形のような振り返りではないのです。

 

 

 

have+過去分詞の形を使うことで、
それが現在につながって影響があることというのがわかるわけです。

 

 

過去形はただ「やったのはいつか?」というのが焦点です。

 

 

この違いがあります。

 

 

過去形と現在完了形のニュアンスの違い

I cleaned my room.

 

I have cleaned my room.

 

 

どちらも英語としては使います。

 

 

 

上の過去形は「いつ掃除したのか」が焦点です。

 

下の完了形は「掃除したことが今にズームアップ→影響ある」ということです。

 

 

過去形は単純に前だったというのに対し、
現在完了形は今につながっていることにあります。

 

 

この場合、I have cleaned my room.と言うなら、
この裏には

 

 

「掃除したことが今につながっている」→「きれいになってる」

 

 

という含みが隠れていることになります。

 

 

完了形で言うことによって、わざわざ全て説明しなくても
言いたいことが伝わるわけです。

 

 

便利ですよね?

 

 

 

一方で過去形では時間がありますから、
1ヶ月前や2ヶ月前となれば、きれいになってるというような場合は
含みを出すことができません。

 

 

昨日とか数時間前とか言うなら、わかりはしますが、
半年前に掃除したと言って、相手に「きれいになってる」ということは
伝わらないはずです。

 

 

もう1つ例を出します。

 

 

 

I lost my mobile phone.

 

I have lost my mobile phone.

 

 

過去形はいつなくした?という時点ですね?

 

そして完了形にすると?

 

 

携帯電話をなくしたことが今につながっている

 

→困っているとか何かしら含みが読み取れる

 

 

 

こういうことになります。

 

 

forを使った場合の違い

I lived here for 3 years.

 

I have lived here for 3 years.

 

 

どちらも英語としては正しいです。

 

 

意味が違います。

 

 

違いを表すとこのようになります。

 

 

 

 

過去形と現在完了形の場合は時間のつながり方が違ってきます。

 

 

 

同じ3年間でも現在に至っている3年間か?

 

現在につながっていない3年間か?

 

 

現実でも分かれるところです。

 

 

それを表現するために過去形と現在完了形を使い分けているのです。

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英文法を勉強する効果
英文法を勉強することで得られる効果とは?
文法を学ぶということの意味
英語学習で文法を学ぶことの本当の意味について
文法をおろそかにするとこんな悲惨な結末になる
文法をおろそかにすると起きる怖い悲惨な結末
過去形と過去完了形の使い分け方
過去形と過去完了形の使い分けの仕方
toの後ろがingになる表現の考え方
toの後ろは動詞の原型とならない例外パターン考え方
I and youじゃない理由
I and youではなく、you and Iにする理由
英語学習の7割に相当する1つの項目
英語学習の7割に相当し、これを制すると英語を制すと言われる項目
文法嫌いだし・・・で止まってないですか?
文法嫌いは嫌いの本当の理由を見直して、文法のことを知り直せば克服可能
know aboutを正しく使えてますか?
文法嫌いは嫌いの本当の理由を見直して、文法のことを知り直せば克服可能
やっかいな複合語の攻略
覚えるのが大変な英語の複合語はこれを使って攻略する
go shopping to は間違いです
go shopping toは正しい英語ではないのはこういう理由
I feel coldは「寒い」じゃない
I feel coldが持つ本当のニュアンス
数えられる名詞と数えれない名詞 両方使うパターン
数えられる名詞と数えれない名詞の両方使うパターンの見分け方と使い方
何でもitにしたがる代名詞の間違い
代名詞を何でもitにしたがる間違い
日本人がよく間違うknowの使い方
日本人がよく間違うknow someoneの本当の意味
誤解されるI don't understand.の使い方
日本人がよく間違って使い誤解されるI don't understand.の本当の意味
日本語の「チャレンジ」はchallengeとは違う
日本語のチャレンジは英語の「challenge」と同じ意味ではない
hobbyは日本語でいう「趣味」に当たらない
hobbyは日本語でいう「趣味」として使うことはできない
couldとwas able toの違い
couldとwas able toには明確な意味の違いがある
ひと目でわかる英語の時制使い分け
英語の時制の使い分けがひと目でわかる図解解説
進行形と完了進行形の違い
英語の進行形と完了進行形の違いを比較して解説しました。
未来形と未来完了形の違い
未来形と未来完了形の違いについて図解と一緒に説明します。
苦手な関係代名詞を攻略する
苦手意識を持ちやすい関係代名詞の攻略について
初出なのになぜtheが付く?関係代名詞の文がカギになるパターン
なぜいきなり名詞がtheになるのか?これは関係代名詞がついてる場合は何らかの特定できる根拠があります。
willとbe going toの使い分け
willとbe going toの使い分けについて。学校英語では全く同じ意味で扱われてますが、実際は同じ意味ではありません。