英語習得

 

英語習得の基本知識記事一覧

英語の勉強をする前に必ず「英語がどのようにうまくなっていくのか?」という過程を知っておく必要があります。これを知らずにやっていくと精神的にも負担が大きく、挫折することがよくあります。これさえ知っておけば、伸びない時期に差し掛かったときに焦って不安になったり、気持ちが萎えたりすることがなくなってきます。では、英語が上達する過程を説明します。

「英語はネイティブと同じように自然習得が一番だ」とある有識者がこんな発言をしているのを聞いたことがあります。言語習得の研究の知識を知り、実践してきた私が思うことは「無知でお粗末。話にならん」これしかありません。まず、自然習得は無理な話です。英語を使う国で5歳前後から生活してない人にとって英語を自然に学ぶことは厳しいです。これは第二言語習得の研究では『臨界期』と呼んでいます。人間の脳は、使う言葉を自...

英語習得は世間一般で知られていることはかなり誤解が多いことばかりです。正直言ってしまえば、世間一般の人が信じていることはダメなことばかりです。もっともらしいことでも本当は役に立たない情報であることがほとんどです。例えば、最近多いのは「ヨーロッパ式の英語勉強法」なんてものをうたっている輩が何人もいますが、ちゃんちゃらおかしいです。言っていることは「ヨーロッパ人は文法をしないでも英会話ができる」「だか...

「記憶力がなくても英語はできるようになるのでしょうか?」こんな質問をよく受けます。英語は記憶力だと思い込んでいる人は少なくありません。世間一般では記憶力の高さが英語の上達を決めると思われていますが、そんなことはありません。単純に記憶力だけの問題なら、なぜ中学生と高校生が英語ができないのでしょうか?記憶力がどうとかこうとかという話自体がそもそもおかしいのです。英語の学習は記憶する作業ではありません。...

英語を勉強する際には英語の勉強がどういうものかというのを知っておく必要があります。今までの勉強に対するイメージのまま取り掛かるのはやめましょう。まず知っておいてほしいのはこのポイントです。英語の勉強がうまくいく人は『英語を使うことを目的にする。その結果覚える』英語の勉強がうまくいかない人は『英語を覚えることだけを目的にする。だから使えるようにならない』ちょっとした差のように感じるでしょうが、これは...

「英語の勉強法を教えてください」と聞いてくる人は本当にたくさんいます。しかし、私は質問の仕方を見るだけで質問した人が成功するかしないかをすぐに見抜けます。これは不思議なことではなく、そうなるべくしてなります。これが外れたことはほとんどありません。行動を見ればすぐにわかります。では、どういう人が成功し、どういう人が成功しないのでしょうか?成功する人英語の勉強法そのものが自分の理想通りではないと最初か...

私は速習型の英語勉強法(○か月、○分でラクラク的な)のようなものを紹介しません。これにはちゃんと理由があります。速習型は一時的にテンション上がったり、すぐに気持ちよくはなりますが、すぐ忘れて、元通りになるからです。しかもちゃんとしたスキルとして身につかない。まさに「Easy come easy go」です。小手先に楽しいことを教えることも私にもできます。人が求めているからと言って、その大きな欠陥を...

何をやっても身につかないという人は「学習は楽しくなくちゃね♪」「楽しいことをすることが学習」楽しいことをすれば何かが身につくと思っている。楽しいことをすれば成長できると思っている。BIGな勘違いです。この考え方をした時点でもう結果が出ないことが決定です。ズレた考え方と言っていいです。学習するということは今までなかったものを身に付けることです。自分にもできそうなやり方というものを探す人は今まで通りで...

私の好きな和幸の話です。私は月に1、2回は必ず食べるリピーターです。和幸で紅葉というセットを食べました。和幸はとんかつ専門店ですから、当然とんかつはうまいです。あのサクサクの衣とソースが・・・(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪衣の1粒すらも残さないほど好きです。和幸はとんかつだけではなく、定食のご飯と味噌汁、キャベツがとても凄いです。ご飯は常に炊きたて。味噌汁はシジミの味が活きて、絶妙なバランス。キャベツも...

「何か特別なテクニックやノウハウを使えば、一気にスイスイ上達するもの」そんな寝言を今でも信じているズレてる大人がまだまだいます。そんなものはありません。主体性ゼロの受身人間に英語は無理です。そういう態度しかしない人は私はやめさせてきました。何を教えても暖簾に腕押しだからです。実はこのような行動を取る人には私のところでは圧倒的に女性です。元々本能的に受身になりがちだからなのかという目線もありはします...

嫌なことや困難なことから逃げる脳のことを言うそうです。退塾宣告される人や、今度こそ最後にしますと言うけど口だけ宣言して逃げ出した人によくいます。明らかに逃避脳の慢性状態です。逃避脳になってる人の症状・嫌な情報はスルーする・人の話を聞かない=自分の脳に不都合が真実は見ない・失敗と向き合わなくなるので同じことを繰り返す・指摘されても聞かないのでズレが加速する大人になって、致命的にズレているのに、人の話...

英語のアウトプットに関するよくある勘違いです。「アウトプットこそ全て!」と言わんばかりの極端な認識をする人がいます。アウトプットさえしてれば上達するだろうという超がつくほどのBIGな勘違いです。アウトプットはインプットの質と量に比例します。ないものは出てきません。あるものだけ出てきます。つまり、インプットがしっかりして、はじめてアウトプットの効果が高まります。「英語は使ってなんぼ!」というのがズレ...

成果出ない人は行動してない時間>行動した時間です。当たり前過ぎる本質です。期間=実際にやった時間じゃない。開始してからの期間が長いだけで実践時間は少ない。しかも短い割に質もないときている。これで伸びるわけがありません。同じ1時間でも質が違えば成果違います。基準が低過ぎる1時間でやってるつもり。ジムでも多いです。マイペースとか自分なりとか言ってダメ基準でダラダラ気休めをする。これで何かが変わるわけな...

英語が絶対上達しない人によくあることを紹介します。至極バカバカしいことですが、このバカバカしいということがわかってない人が結構多いです。『実際に練習してみる』ということです。この実際にやってみるということをしないのです。聞き流しとか、ながらだけでなんとかしようとする。こういう人は100%英語が上達してません。「何もしないけど、身につけられる方法ありますか?」的な発想です。あるわけがない!たいして何...

教える技術を磨けば、それに比例してできるようになる人が増える。できる人が増えないのは教える技術がないのが原因だ!世間ではこう信じられています。確かに教える技術が全くないと何もならんことは確かです。しかし、教える技術を先生側がいくら磨いても、全然何も変化しないという人も残念ながら存在します。アウトプットすると本人はわかってるつもりでもズレてばかりになる人によくいます。磨かれた技術や手法を持って、丁寧...

やる気のない腕の悪い美容師に髪切ってもらいたいですか?やる気のない腕の悪い料理人のご飯をお金払って食べたいですか?自分がお金を払う立場で考えてください。そこにお願いしに行きますか?じゃあ英語は?「はしょって楽して、ちゃんとしてないもの」=聞き流しとか、ラクラクとかで仕事をしようとするのでしょうか?こんなデタラメなことでやったことで仕事したらどうなるでしょうか?あなたが経営者なら?やる気のないやり方...

仕事ができない人と英語ができるようにならない人に共通点。仕事ができるようにならない人の共通点この記事の「仕事ができない人」と英語が100%上達しない人の共通点は全く同じです。1.相手の立場にたった視点がなく独りよがり2.自分の能力に客観性がない(自信過剰 or 本質を捉えられないズレた思考)3.成長する意欲がない=傷つきたくない症候群この3つは当てはまります。何年やっても伸びない人に特に多いのは1...

「自分に合った勉強法」というのは英語では重要です。ただし、「自分に合った」という言葉を聞いて何を想像しますか?自分に合ってる「つもり」な勉強法で伸びないことをしてしまう人は自分に合ってる勉強法=自分がやりたいやり方という解釈をしています。自分がやりたいやり方=実力がつくやり方なら問題ありません。ところが長年英語が上達しない人は全然的外れのやり方をしてます。実際はやりたいやり方では実力がつかないやり...

最近、「机の勉強」をバカにしてる教材やら手法やらが多いですね。はっきり言いましょう。「耳障りのいいこと言われて、まただまされるつもりですか?」机で勉強できない人で英語伸びた人いません。それでも通勤途中の「ながら」や、家事しながらの「ながら」でしかやってない人。それで進歩すると思ってますか?じっくり腰据えて机でやってる人に差がつくと?じっくり書いて、じっくり練習してる人に勝てますか?まず足元にも及び...

有機栽培の作物は大量に作れません。しかも手間暇かかります。量は少ないです。値段も高いです。でもそれが定着している。なぜでしょう?有機栽培=健康によさそう。だって、化学肥料やら農薬使ってないから。多くの人はこう答えるでしょう。正解です。これは自分という体だけを見た目線なら。これでは有機栽培がなぜあえて手間暇かけて作られるかがわかりません。「どうせ売るなら、有機栽培じゃなくても効率よくいっぱい作って、...

英語の勉強は苦痛にしかならない人には共通点があります。やろうとすればするだけ苦痛が増していくだけで練習してる気になっても成果も出ないのでやめていきます。無限地獄のように苦痛と嫌な挫折感しか生まないので、英語以外でも仕事でも何をやってもう苦痛にしかならない人にもよくいます。苦痛の無限ループに陥る人の3つのパターンとは・・・受身の姿勢自分の頭で考えない何かしたというだけで満足するこの3つのパターンです...

英語を習得できる仕組みは簡単です。「簡単=イージー」とは違います。英語習得のトレーニングは全て、今は難しいことを楽(イージー)にするために行うものです。大事なことなのでもう1度言います。英語習得のトレーニングは「今はできない英語」を「イージー」にするために行います。ちょっと考えれば、すぐに言っていることがわかると思います。この簡単(シンプル)なことを複雑にする人がいます。いわゆる「トレーニングを楽...

記憶力がないからすぐ忘れるし覚えが悪いから忘れてしまった自分にガッカリしてしまう人は多いです。語学=記憶力のよさ忘れてしまうことが悪という認識をされています。人間誰しも程度の差はあれど、忘れてしまうものです。人間の脳は忘れるという遮断によって、他のことに集中できるようになっています。人間の脳は全てのことを1度で何でもかんでも記憶していつでも思い出せるようにしてしまうことは不都合な仕組みをしているの...

私が長年観察してきて、英語学習者には2つのタイプに分類できます。感性タイプ(感覚で物事つかむ)と理論タイプ(理屈で物事をつかむ)です。感性タイプはセンスとか才能とかいう感じが一番わかりやすいと思います。2つのタイプに自分がどっちなのかを知っておくことが重要です。感性タイプ無意識で理屈はわからなくても、何となくで要領をつかむ何をやらせても、すんなりとこなしてしまう天性のセンスの持ち主がいます。ただし...

学生さんなど若い世代、自己啓発、心理学などの分野に馴染みがない人は「セルフイメージって何?」ということもあると思います。簡単に言うとセルフイメージ=自分ってこんなやつという考えのことです。例えば、自分はズボラやつ→ズボラなことをする自分は数学が苦手なやつ→数学の問題を見ると嫌になる自分は男(女)らしくないやつ→男(女)らしくない行動するこんな感じで、「○○なやつ」という考えの通りの行動をします。そ...