英語 逃避脳

英語上達に大切な「教わる技術」

教える技術を磨けば、それに比例してできるようになる人が増える。

 

できる人が増えないのは教える技術がないのが原因だ!

 

世間ではこう信じられています。

 

 

確かに教える技術が全くないと何もならんことは確かです。

 

 

しかし、教える技術を先生側がいくら磨いても、
全然何も変化しないという人も残念ながら存在します。

 

 

アウトプットすると本人はわかってるつもりでも
ズレてばかりになる人によくいます。

 

 

磨かれた技術や手法を持って、丁寧に怒らず根気良く教えようとしても
全然学ばない人がいるのです。

 

 

会社の上司の人や先輩が「教えたくない」「教えても無駄」と思われている人がいると思います。

 

 

こういう人って仕事ができない人によくいます。

 

 

教えてもらえない→できるようにならない→向上しない→いずれクビΣ(゚д゚lll)

 

 

実はいるんです。

 

 

教える技術にいつも文句を言ってる人はいつまでも甘ちゃんのままです。

 

 

気に入らなければ相手に改善を求めるからです。

 

自分は努力しない。自分は与えられて当たり前だという認識ですから。

 

 

こういう人が語学留学で海外に行くと・・・

 

 

ハイ、残念w

 

 

となります。

 

 

教える技術って相手次第だから自分では変えられません。

 

 

自分の意思で変わらないものに文句を言っても
変わるのを待ってることって時間を損してると思いませんか?

 

それより自分が「教わる技術」を上げて、
相手から引き出せるようにした方がいいのです。

 

 

「教わる技術」がある人はどの分野でも伸びが早いです。

 

 

「教わる技術」がある人は教える技術がスーパーサイヤ人級な人じゃなくても
少々教えることが下手な人からでも何か学んで自分のものにします。

 

 

さて、人生で得な人はどっちでしょう?

 

 

教える技術に文句を言う人間 or 教わる技術を持っている人

 

 

このテーマについて書かれてる本があります。

 

 

「自分から教わる!」技術

 

 

世の中、教える技術のプロでも何でもない人から
学ぶことが多いのです。

 

「教わる技術」がある人とない人では恐ろしく伸びが違ってきます。

 

誰からでも学べるような自分になって損するでしょうか?(・∀・)

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語が上達していく過程
英語はこのようなに上達していくという過程の目安です。
ネイティブと同じように英語を身につけることはできない
英語が母国語のネイティブと同じように英語を身につけられない原因
英語習得に母国語はどう影響するか?
英語習得に母国語が影響する例
英語習得と記憶力の関係
英語習得と記憶力は比例するのか?
英語を勉強するときの基本
英語を身につける勉強をするときの基本について
英語の勉強法を知る前に知っておくべきこと
英語の勉強法を知り、具体的に何をするかという前前に知っておくべきこと
速習型の英語勉強法の落とし穴
速習型の英語勉強法の落とし穴について
英語学習とは不快さを乗り越えること
英語を学習するということは自分がやりづらい不快なことをすることである
和幸のとんかつと英語上達の共通点
和幸のうまいとんかつと英語が上達することには同じ共通点がある
自分で考えない、決断しない大人に英語は身につかない
自分の頭で考えることさえもしない主体性ゼロの受身では英語は身につかない
逃避脳になっていると英語は不可能なものになる
逃避脳になっていると英語に限らず、何もかもダメになる
英語のアウトプットによくある勘違い
英語はアウトプットこそ全てというおかしな勘違いをしていませんか?この考え方は上達を妨げます。
行動してない時間>行動した時間
行動してない時間が行動した時間より多いなら、上達しないのは当然のこと。期間だけを見てやったつもりになってる危険性
英語が絶対上達しない人によくあること
英語が絶対上達しない人によくあるこんなバカバカしいこと
英語が上達しない人に必ず共通する「欠けてる視点」
いつまでも英語が上達しない人はこの当たり前の視点が欠けている
英語が伸びない人=仕事ができない人の3つの共通点
英語が伸びない人は仕事ができない人と同じことをしている
自分に合ってる勉強法≠自分がやりたいやり方
自分に合ってる勉強法が自分がやりたいやり方ではない。「自分に合ってる」の本質間違ってませんか?
机の勉強をバカにしてる人は英語ができない
英語は机の勉強こそ重要な上達する秘訣
有機栽培と英語の話
手のかかるめんどくさい有機栽培と英語を学ぶことの共通点
英語の勉強が苦痛にしかならない人に共通する3つの特徴
英語の勉強をしても必ず苦痛にしかならず、おもしろくもないのでやる気をなくす人によくある3つの特徴
英語学習の簡単(シンプル)と楽(イージー)の本質
英語学習の簡単(シンプル)と楽(イージー)の本質について
英語学習において忘れることそのものは問題ではなく、思い出せる仕組みを作る重要性
英語学習ではやったはずの単語や表現を忘れることはよくあります。すぐに忘れてしまうことを嘆いて記憶力のなさに自信をなくして、やる気をなくす必要などないという話。
あなたはどっちの学習タイプ?自分のタイプを知れば、英語の上達は早くなる
英語学習者の2つのタイプについて。才能のあるなしに頼らない学習者になるために必要なこと。
英語の上達の加速させたいなら、「セルフイメージ」のことを知ったほうがいい
英語の勉強法や教材、スクールを変えることで上達しない場合は「セルフイメージ」が原因になっていることがある。方法や教材では解決できなかった停滞が一気に解決する理由