英語の勉強が苦痛にしかならない人

苦痛の無限ループに陥る人の3つのパターン

 

英語の勉強は苦痛にしかならない人には共通点があります。

 

 

やろうとすればするだけ苦痛が増していくだけで
練習してる気になっても成果も出ないのでやめていきます。

 

 

無限地獄のように苦痛と嫌な挫折感しか生まないので、
英語以外でも仕事でも何をやってもう苦痛にしかならない人にもよくいます。

 

 

苦痛の無限ループに陥る人の3つのパターンとは・・・

 

 

 

  1. 受身の姿勢
  2. 自分の頭で考えない
  3. 何かしたというだけで満足する

 

 

 

この3つのパターンです。

 

 

しかも1つだけ特徴を持つというよりは全部同時に持ってるケースが多いです。

 

 

 

受身の姿勢→自分の頭ではほとんど考えない→言われたことややらされたことでもやれば満足

 

 

 

このような思考回路になっているからです。

 

 

自分の頭で何も考えようとしないので、

 

 

 

「より成果が出せるようになるのはどうしたらいいか?」

 

「もっとこういうことを組み込めないか?」

 

 

など工夫することもありません。

 

 

 

自分が何のためにやっているのか?

 

この練習の意味は何だろうか?

 

これはどうしてこういう使い方になるのか?

 

 

 

何も考えないので、発見もなく、面白みもないのです。

 

 

受身で考えることもしないような脳ミソになってる人は
ただ言われたことをこなすだけで、なぜこの練習をしてるのかがわからないままです。

 

 

 

特に英語ではなぜ苦痛になり、致命的になるのか?

 

 

その理由を解説してきます。

 

 

 

 

 

受身の姿勢

 

結果は欲しいけど、それほど動く気もない。

 

 

受身で与えられるまで何もしない。

 

 

待ってるだけで与えないと文句を言う。

 

 

 

こういう態度の英語学習者は多いです。

 

 

先生についても講座を受けても、自分から学ぶ意欲がありません。

 

 

学んだことをどう活かそうか?

 

先生から何を引き出そうか?

 

 

このような考えを持って、行動に移さない限りは
吸収できることも少ないので上達しないです。

 

 

それに受身の姿勢でただやらされているだけでは
やっていることへの印象がないので、すぐ忘れます。

 

ただ形だけやってるような感じなので、覚えも悪いのです。

 

 

「教えてもらう」という意識ではやることがイヤイヤになるのは
時間の問題です。

 

 

課題も授業もイヤイヤになってきます。

 

 

イヤイヤやってるだけなので、こなすことが全てになり、
身につくかどうかがないがしろになります。

 

 

イヤイヤやる→成果が出ない→ますますイヤになる

 

 

この無限ループになります。

 

 

 

受身の姿勢で英語をやることは実はかなりつらいのです。

 

受身にならない方が楽です。

 

 

自分の頭で考えない

 

自分の頭を使って考えない弊害とは何か?

 

 

それは練習がただの無機質な作業になるということです。

 

 

効率と楽さを求めて自分の頭を全く使わないのが楽と思ってる人。

 

 

 

頭を使った方が楽です。

 

頭を使った方が苦しみも少ないのです。

 

 

 

自分で考えない人はこのことがわからないです。

 

楽をしてるつもりが地獄の無限ループなのです。

 

 

やって意図も意味わからない→無機質な暗記同然の作業→楽しくない→イヤになる→やる気が下がる

 

 

この繰り返しなら、投げ出すのは当たり前です。

 

 

思考を放棄するというのは、楽しくもなく、効果も下がるだけで
挫折を確定させるようなものです。

 

 

自分の頭でやることの意図や意味を考える

 

自分の頭で「もっと何をすれば練習の効果が上がるだろう?」

 

「こうできないか?ああできないか?」

 

 

思考を巡らすことで見えてくるものもあります。

 

 

考える人の方がやってることが見えているので、
一時的な辛さに惑わされずに続けることができます。

 

 

楽しく英語を学んでいる人はいつも考えている人です。

 

 

先生についても、課題を与えれても、常に自分で課題の意味を考えながらやるので、
コツをつかむのも早いです。

 

何も考えないということはこういうメリットがあるのに
わざわざ放棄してるようなものです。

 

 

 

そして、考えない人の致命的なもう1つの理由。

 

 

普段から自分の頭で考えない人は実は文章が下手です。

 

文章力は思考してるかどうかが一番出るものです。

 

 

自分の頭で普段から考えてない人は文章が書けないものです。

 

 

英語は論理的な文章の書き方がとても重要になるので、
思考をしない人では英語をしゃべっても通じないというジレンマが出てきます。

 

 

特に

 

 

  • 説明が下手な人
  • 人任せで自分の言葉で話そうとしない人

 

 

この傾向がある人は英語がうまくなるのに弊害がよく出ます。

 

相手にわかるような言葉の使い方ができないので、
国が違う相手にはまるでわかってもらうことができないということがあります。

 

 

どうやって話せばわかってもらえるか?

 

 

ということがまるで見えないので、英語を使うどころの段階でもなく、
何を言うか?ということすらも出てこないのです。

 

 

これでは話すことすらもままなりません。

 

 

練習量もなく、実践量も少ないから上達が遅くなります。

 

 

 

自分の頭で考えないということはただ苦しくなるだけで
やることなすこと苦痛にしかならないのです。

 

 

考えることが苦手だからといって、他人に考えることを依存してると
苦痛まみれの状態になるのです。

 

 

自分の頭で考えるというのは日常から訓練することです。

 

 

英語の表現や単語をただ闇雲に覚えることだけが
英語を身につけることにはならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

何かしたというだけで満足する

何かをした=英語が上達する

 

 

これは絶対ではありません。

 

 

何かをしたとしても上達するレベルでやってないのなら、
やったことに満足しても意味がありません。

 

 

週1回で英会話スクールに通ってるというだけで
自宅では何もしない人がいます。

 

 

こういう人は何年も通い続けたりしますが、
一向に何も変化がありません。

 

 

 

「続けているからいつかは上達する」

 

と思ってる人が多いです。

 

 

上達するようにやった=英語が上達する

 

 

この大前提を忘れて、何かをしたからというだけで
もう上達するような錯覚になって満足してしまっているだけです。

 

 

 

上達するようにやってないのなら、いつまでも上達しません。

 

 

 

何かしたというだけでやったことに満足するだけで
上達しない人は

 

 

受身である
自分の頭で考えることをしない

 

 

この2つの傾向がセットになっていることが多いです。

 

 

 

きちんと自分の取り組み方を考えて見直すこともないので、
ただやってるだけになります。

 

 

何年やっても進歩がないので、その現実に直面しても
その現実を都合のいい言い訳でごまかし続けます。

 

 

2年通ってロクに英語が何も出てこないし、聞き取れないようなら、
やり方がおかしいだけです。

 

何かをしたから、必ず上達するわけではない。

 

 

上達するようにやるべきことをするから、上達するのです。

 

 

この基本を無視してやってるだけの満足を積み重ねると
いつまで経っても英語がうまくなりません。

 

 

 

 

 

 

自分の頭を使う方が伸びが加速する

考えることは訓練です。

 

最初はトンチンカンになっても続けていると

 

 

  • 見るべきポイントはどこか?
  • どういう質問をすれば答えに辿りつきやすいか?
  • 練習の意図をどう理解するか?

 

 

常にどうしてこれをやった方がいいのかと問い続けることで
練習の意味がわかり、おもしろさも増すのです。

 

考えることは脳が喜ぶのです。

 

考えないことは逆に刺激もなく、面白みもないのです。

 

 

考えることをやめてしまっている人ほど面白くないのは
練習の意味がわからないので、苦痛になります。

 

 

人間の脳は意味がわからないことをするのが嫌なのです。

 

自分で考えない人はいつまでもやっていることの意味が見えてこないものです。

 

そうすると苦痛がずっと続きます。

 

 

一見訳がわからない練習でもあえて先生がやらせているのなら、
その意図は「必ずやった方がいい理由」があります。

 

 

それを実践しつつ、意図を考えながらこなすと
練習の楽しさが見えてきます。

 

 

自分の頭で考えることは天性のものではありません。

 

 

考えるための雛形を持ち、常に普段目にするものから、訓練をすることです。

 

 

考える頭になるためのヒントになる本がこちら

 

 

 

【図解】考える力 (Innovation club book)

 

 

 

 

出口 汪の論理的に考える技術 (ソフトバンク文庫)

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語が上達していく過程
英語はこのようなに上達していくという過程の目安です。
ネイティブと同じように英語を身につけることはできない
英語が母国語のネイティブと同じように英語を身につけられない原因
英語習得に母国語はどう影響するか?
英語習得に母国語が影響する例
英語習得と記憶力の関係
英語習得と記憶力は比例するのか?
英語を勉強するときの基本
英語を身につける勉強をするときの基本について
英語の勉強法を知る前に知っておくべきこと
英語の勉強法を知り、具体的に何をするかという前前に知っておくべきこと
速習型の英語勉強法の落とし穴
速習型の英語勉強法の落とし穴について
英語学習とは不快さを乗り越えること
英語を学習するということは自分がやりづらい不快なことをすることである
和幸のとんかつと英語上達の共通点
和幸のうまいとんかつと英語が上達することには同じ共通点がある
自分で考えない、決断しない大人に英語は身につかない
自分の頭で考えることさえもしない主体性ゼロの受身では英語は身につかない
逃避脳になっていると英語は不可能なものになる
逃避脳になっていると英語に限らず、何もかもダメになる
英語のアウトプットによくある勘違い
英語はアウトプットこそ全てというおかしな勘違いをしていませんか?この考え方は上達を妨げます。
行動してない時間>行動した時間
行動してない時間が行動した時間より多いなら、上達しないのは当然のこと。期間だけを見てやったつもりになってる危険性
英語が絶対上達しない人によくあること
英語が絶対上達しない人によくあるこんなバカバカしいこと
英語上達に大切な「教わる技術」
英語が上達する人が必ず持っている「教わる技術」について
英語が上達しない人に必ず共通する「欠けてる視点」
いつまでも英語が上達しない人はこの当たり前の視点が欠けている
英語が伸びない人=仕事ができない人の3つの共通点
英語が伸びない人は仕事ができない人と同じことをしている
自分に合ってる勉強法≠自分がやりたいやり方
自分に合ってる勉強法が自分がやりたいやり方ではない。「自分に合ってる」の本質間違ってませんか?
机の勉強をバカにしてる人は英語ができない
英語は机の勉強こそ重要な上達する秘訣
有機栽培と英語の話
手のかかるめんどくさい有機栽培と英語を学ぶことの共通点
英語学習の簡単(シンプル)と楽(イージー)の本質
英語学習の簡単(シンプル)と楽(イージー)の本質について
英語学習において忘れることそのものは問題ではなく、思い出せる仕組みを作る重要性
英語学習ではやったはずの単語や表現を忘れることはよくあります。すぐに忘れてしまうことを嘆いて記憶力のなさに自信をなくして、やる気をなくす必要などないという話。
あなたはどっちの学習タイプ?自分のタイプを知れば、英語の上達は早くなる
英語学習者の2つのタイプについて。才能のあるなしに頼らない学習者になるために必要なこと。
英語の上達の加速させたいなら、「セルフイメージ」のことを知ったほうがいい
英語の勉強法や教材、スクールを変えることで上達しない場合は「セルフイメージ」が原因になっていることがある。方法や教材では解決できなかった停滞が一気に解決する理由