英語 上達 セルフイメージ

セルフイメージって何?

学生さんなど若い世代、自己啓発、心理学などの分野に馴染みがない人は

 

「セルフイメージって何?」

 

ということもあると思います。

 

 

簡単に言うと

 

 

セルフイメージ=自分ってこんなやつ

 

 

という考えのことです。

 

 

例えば、

 

 

自分はズボラやつ→ズボラなことをする
自分は数学が苦手なやつ→数学の問題を見ると嫌になる
自分は男(女)らしくないやつ→男(女)らしくない行動する

 

 

こんな感じで、「○○なやつ」という考えの通りの行動をします。

 

そして、

 

自分はできるやつ→何かするとできてしまう
自分はダメなやつ→何をしてもダメになる

 

 

このようになってしまうのです。

 

 

つまり、セルフイメージとは何かに取り組むときにできるできないが変わってしまうものです。

 

 

 

英語学習者としてのセルフイメージ

 

英語を学ぶ場合、学習者としてのセルフイメージは以下のような影響があります。

 

 

セルフイメージの高い低いと英語学習成果への影響

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語が上達していく過程
英語はこのようなに上達していくという過程の目安です。
ネイティブと同じように英語を身につけることはできない
英語が母国語のネイティブと同じように英語を身につけられない原因
英語習得に母国語はどう影響するか?
英語習得に母国語が影響する例
英語習得と記憶力の関係
英語習得と記憶力は比例するのか?
英語を勉強するときの基本
英語を身につける勉強をするときの基本について
英語の勉強法を知る前に知っておくべきこと
英語の勉強法を知り、具体的に何をするかという前前に知っておくべきこと
速習型の英語勉強法の落とし穴
速習型の英語勉強法の落とし穴について
英語学習とは不快さを乗り越えること
英語を学習するということは自分がやりづらい不快なことをすることである
和幸のとんかつと英語上達の共通点
和幸のうまいとんかつと英語が上達することには同じ共通点がある
自分で考えない、決断しない大人に英語は身につかない
自分の頭で考えることさえもしない主体性ゼロの受身では英語は身につかない
逃避脳になっていると英語は不可能なものになる
逃避脳になっていると英語に限らず、何もかもダメになる
英語のアウトプットによくある勘違い
英語はアウトプットこそ全てというおかしな勘違いをしていませんか?この考え方は上達を妨げます。
行動してない時間>行動した時間
行動してない時間が行動した時間より多いなら、上達しないのは当然のこと。期間だけを見てやったつもりになってる危険性
英語が絶対上達しない人によくあること
英語が絶対上達しない人によくあるこんなバカバカしいこと
英語上達に大切な「教わる技術」
英語が上達する人が必ず持っている「教わる技術」について
英語が上達しない人に必ず共通する「欠けてる視点」
いつまでも英語が上達しない人はこの当たり前の視点が欠けている
英語が伸びない人=仕事ができない人の3つの共通点
英語が伸びない人は仕事ができない人と同じことをしている
自分に合ってる勉強法≠自分がやりたいやり方
自分に合ってる勉強法が自分がやりたいやり方ではない。「自分に合ってる」の本質間違ってませんか?
机の勉強をバカにしてる人は英語ができない
英語は机の勉強こそ重要な上達する秘訣
有機栽培と英語の話
手のかかるめんどくさい有機栽培と英語を学ぶことの共通点
英語の勉強が苦痛にしかならない人に共通する3つの特徴
英語の勉強をしても必ず苦痛にしかならず、おもしろくもないのでやる気をなくす人によくある3つの特徴
英語学習の簡単(シンプル)と楽(イージー)の本質
英語学習の簡単(シンプル)と楽(イージー)の本質について
英語学習において忘れることそのものは問題ではなく、思い出せる仕組みを作る重要性
英語学習ではやったはずの単語や表現を忘れることはよくあります。すぐに忘れてしまうことを嘆いて記憶力のなさに自信をなくして、やる気をなくす必要などないという話。
あなたはどっちの学習タイプ?自分のタイプを知れば、英語の上達は早くなる
英語学習者の2つのタイプについて。才能のあるなしに頼らない学習者になるために必要なこと。