英語 リスニング

 

英語のリスニング記事一覧

「英語が聞き取れないのですが、どうしたらいいですか?」この質問は毎度おなじみよく受けます。英語が聞き取れない原因は大きくわけて2つに分類されます。英語の音そのものが聞き取れていない場合聞いている英語の音が自分が知らない意味がわからない単語や表現の場合1の英語の音そのものが聞き取れていない場合はただ単に耳にしている英語の発音に慣れていないだけです。これはちょっと練習すれば聞けるようになります。ただ、...

リスニングは自分が読める書けるレベルの英語を音として聞いて理解できるようにする練習です。意味のわからないもの知らないものをいくら聞いてもわからないのです。この事実を考慮してリスニングの練習を効率的に行うには自分が読んでわかる英語を聞く方がいいのです。文字として読めばわかるけど、音として聞くとわからないというものを聞けるようにする作業でしかないのです。ただやみ雲に聞き続けるとか、回数をこなせばいいと...

リスニングと聞くと「英語の音を聞けるように耳を慣らすこと」とだけ考えている人がほとんどです。もちろんこれも大事な要素ですが、実はリスニングをする目的はこれだけではありません。英語を聞く練習というのは単にネイティヴの発音を聞けるようにするだけではなく、自分が知っている単語や表現を文章レベルで聞くことによって脳に刺激が与えられます。つまり、音を聞くことによって刺激を受けて、より定着を高める目的もあるの...

リスニングのCDとかは聞くけど、発音は全くやってない。こういう英語学習者は結構多いです。リスニングの材料を聞くことは間違いではありません。それだけではリスニングの能力をより向上させられるかということでは不足してしまいます。リスニングをして聞き取れるのは「自分が知ってるもの」まずこれが原則。プラス「発音も知ってる」という点です。発音の仕方を間違って覚えていたりすれば、その単語を聞いてもわからないもの...

英語のリスニング教材を選ぶ前に押さえておくべきポイントです。「リスニングのトレーニングは何のために行うのか?」この大前提をまず押さえてこそ、教材が活きます。ただ英語を聞けばいいというものではありません。リスニングは読んで意味がわかる英語を音声で聞き取れるようにすること文字表記したときに意味がわかる文章を音声で聞けるようにする訓練です。文字で読んでわからない英語=聞いてもわからない英語という前提があ...

シャドーイングの効果は簡単に言うと3つの効果があります。発音練習になる発音に敏感になる英語を話す訓練にもなる耳で聞きながら、声に出すことは考える以上に脳を使います。たくさん刺激を受けることが活性化され、より聞く力も伸びるというのがシャドーイングの狙いです。英語のリスニング力はただ英語を受身で聞き取ろうとする練習だけでは向上はしません。ただ何となく聞いてる状態では脳はあまり活性化されないというのがわ...