英語 リスニング 聞き取れる

英語のリスニングで聞き取れない2パターン

 

英語を集中して聞いたのにも関わらず聞き取れなかったという前提です。

 

  1. 英文を読めば意味はわかるが、聞き取れなかった
  2. 英文を読んでも意味がわからない

 

 

この2つに分けられます。

 

 

  • TOEICのリスニング問題
  • 映画
  • ドラマ
  • アニメ
  • ゲーム
  • テレビ番組
  • トークショー

 

などなど、どんな題材からでも聞き取れないことはあります。

 

聞き取れないことを嘆く必要はありません。

 

聞き取れなかったものこそ伸びしろです。

 

 

 

英語の聞き取れない2つのパターンに合わせて練習するとリスニングは向上してきます。

1.英文を読めば意味はわかるが、聞き取れなかった

文字にして読むと「なーんだ!こんなこと言ってたのか」とわかってしまいます。

 

これは語彙力不足でも文法知識が欠けてるわけでもありません。

 

 

英語のリスニングでこういう聞き取れない場合の原因は

 

 

単語の発音があいまい(あるいは間違ってた)
文の単語間の発音(例:Did you do that?がディジュドゥダ?に聞こえる感じ)

 

 

1語1語は読んで意味が理解できますが、文章全体になると変化する発音にあまり慣れてないものがあったというときに起きます。

 

 

単語レベルか文章レベルかのどちらかということです。

 

2.英文を読んでも意味がわからない

 

これはわかりやすいと思います。

 

もはや知らない単語や表現だったので聞き取りどころではなかったというパターンです。

 

単純に知らないものなので、出くわしたときに意味と使い方を確認して覚えてしまえばOK。

 

聞き取れなかった原因を分析して改善

 

TOEICの対策としてのリスニング力向上も基本的には同じやり方をします。

 

勉強する材料がTOEICというだけで、どんな英語であろうとも聞けるようにするのが目的です。

 

 

 

「1.英文を読めば意味はわかるが、聞き取れなかった」は特に注意しましょう。

 

 

読んで意味がわかってしまうので油断します。

 

 

 

「なーんだこれだったのか。意味わかるし、いいや」とスルーしたくなります。

 

 

リスニングが伸びないのはここの追求が甘いからです。

 

 

簡単なのに聞き取れなかった原因を分析して追求していきます。

 

 

どういう音に変化したから聞けなかったのか?
どの部分の音の連結が聞けなかったのか?
単語の発音を知らなかったのではないか?

 

などなど、原因をしっかり追求してください。

 

理由は必ずあります。

 

 

ただ量をこなすだけではダメです。

 

この作業をしてないと必ず伸び悩みます。

 

 

量をこなすことは重要ですが、そこに聞けなかった原因追及がないと効果は薄くなります。

 

 

聞けなかった原因をしっかり追求していくことが
次に聞き取れるようになるために重要です。

 

一度わかってしまうと次は聞き取りやすくなってきます。

 

その繰り返しがリスニング力を向上させます。

 

これはTOEIC対策でもリアルな英語を話すときでも同じです。

 
スポンサードリンク


関連ページ

なぜいくらリスニングをやっても英語が聞き取れないのか?
リスニングの練習をしても英語が聞き取れるようになっていかないときの原因
リスニングの効率いい練習のやり方
リスニングの効率いい練習のやり方について
リスニングは音を聞けるようになることだけが目的ではない
音を聞けるようになること以外にもあるリスニング練習の目的
発音の向上はリスニングを強化する
発音を強化するとリスニングできる力も強化することにつながる
リスニング用に使う教材の選び方
英語のリスニング用に使う教材の選び方の目安
英語のシャドーイング やり方と効果
英語のシャドーイングのやり方とその効果について解説。
TOEIC700点台でリスニングが伸び悩んだ場合の対処法
TOEIC700点台で伸び悩んだときはリスニングの上達の公式を見直して、リスニングの土台作りに専念しよう