マンツーマン英会話より英語コーチングがおすすめ

英語を学ぶなら英語コーチングの方が効果が高い

 

英語を話せるようになりたい→英会話→マンツーマン英会話

 

という考え方があります。

 

 

間違いではありません。

 

マンツーマンで会話をすることは英語上達には効果的な方法です。

 

 

ただし、「効果的になる」には条件があります。

 

 

 

その条件を無視して、マンツーマンで英会話をすれば上達するというのはウソです。

 

マンツーマン英会話の欠点

 

  1. アウトプットがメイン
  2. 自主学習ができてないと効果なし
  3. 話せる能力が低いと練習にならない

 

 

マンツーマン英会話=たくさん話せる

 

という謳い文句がありますが、実際は読み書きできない人には全く効果がない方法です。

 

初心者レベルでいきなりマンツーマン英会話に通うというのは

 

 

絶対おすすめしません

 

 

むしろ、一番やってはいけないことです。

 

 

 

マンツーマン英会話は

 

  1. 自主学習の方法がきっちりわかってる
  2. アウトプットメインで使うことをわかっている

 

こういう人向けです。

 

自分が何をすればいいかがわかっている人に向いていると言えます。

 

自主学習でやったことをレッスンで使うというのが効果的な使い方です。

 

そして、カウンセリング自体もアウトプットをメインにした使い方のアドバイスがメインになります。

 

レッスンを活かすためのアドバイスと考えてください。

 

 

そもそも、英会話のレッスンはアウトプットができる状態であることが前提です。

 

 

 

 

アウトプットメインの構成になるので、自主学習をしていないと

 

X レッスンの回数→上達度合

 

ということは起きなくなります。

 

 

インプットの方法を知らないで、マンツーマン英会話に通っても英語が出てくるようになることはありません。

 

 

 

マンツーマン英会話=アウトプット主体というピンポイントの使い方が重要です。

 

 

ここを間違ってはいけません。

 

英語コーチングはトータルで上達をサポートしてくれる

 

 

英語コーチングはトータルで学習をサポートしてくれます。

 

自主学習からアウトプットまで全てカバーしています。

 

 

インプットとアウトプットの両方をしっかりサポートしてくれるので、上達しやすいのが特徴です。

 

 

ほとんどの人は個人では学習することができずに挫折します。

 

1人だと不安になってしまいます。

 

 

「本当にやっていることは効果があるのか?」
「このやり方でいいのか?」
「この練習量で足りるのか?」

 

などなど、モヤモヤしながらやるので、つらくなります。

 

 

自主学習が土台となって、アウトプットの質を高める。

 

これは英語学習の基本です。

 

 

実践で使おうとすれば英語はできるようになるのではありません。

 

実践の前に練習が必要です。

 

 

これが自主学習の基本になります。

 

 

自主学習がしっかりできてないと、アウトプットをしようとしてもできません。

 

できないことばかりを感じるので、つらくなります。

 

 

精神的にもきついし、上達の効率も悪くなります。

 

 

こういうやり方をさせないのが英語コーチングです。

 

やり方を相談すれば、不安や疑問点も解消できます。

 

間違った方法でやる続けることもありません。

 

 

 

わざわざ上達しない上にしんどいやり方をさせないのもプロの仕事。

 

 

無駄な遠回りをして時間を浪費するより、値段は高くても近道を選んだ方がいいです。

 

 

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

 

お金はまた稼げばいいですが、失った時間は戻ってきません。

 

 

プロがしっかりサポートしてくれて、間違ったやり方をしない方がつらくないし、楽ですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

テレビゲームを使った英語勉強法
テレビゲームを使った英語勉強法について
スマートフォンを英語学習で活用する
スマートフォンを英語学習に活用して上達するには?
無理しない英語の勉強法は効果がない
無理しないでマイペースできる英語の勉強法なんてものは効果がない。むしろこれ以上無理!と思ったところをプッシュすると上達する。
日本語の読解能力が英語の練習と成果に差を生む
日本語の読解能力は英語の練習と成果が出るか出ないかを左右する重要な要素
英語の勉強で成果が出やすい人VS出にくい人
英語の勉強で成果が出やすい人と出にくい人の語られなかった根本的な差とは?
マインドマップを英語の勉強に活用する
マインドマップを英語の勉強に活用する基本的な方法とおすすめフリーツールについて
英語の勉強時間と質の限界を超える方法
英語の勉強時間と質の限界を超えるために「満足」と向き合ってさらに上達を加速させるには?
知っていることとできることは違う(英語学習の基本)
英語学習者の中によくいる「知った=できる」という気分になって、自分はできると過信してしまう傾向の人によくありがちなこと傾向についてです。ノウハウコレクターにならないための指針。
英語を何か始めればいいかわからない人へ
あれこれ英語勉強法を調べても混乱してわからなくなった人はこれさえしっかりやっておけばいいというポイントをまとめておきました。初心者に特におすすめです。
自分の得意な学習スタイルを知る+組み合わせで効果を高める
英語上達に避けられない知識とノウハウを習得するなら、自分の得意な学習スタイルと苦手なスタイルを組み合わせて行うのが効果的
英語の教材を最大限に活かすために必要な2つのポイント
教材(道具)に振り回されて、よさそうだと買った教材を無駄にしてしまうケースがなくなる2つのポイント
英語学習を始める前に最初に絶対やるべきこと?教材や勉強法を知る前に?
英語の教材をいろいろ買った。勉強法もいろいろ試したけど、ダメだった人に捧げる!これを解決すれば、英語上達が可能になるポイント。
英語の勉強法はソフト、マインドはOSと考える
英語は気持ちが大事派と理屈が大事派で議論をされることがありますが、効果の高い学習にするなら、OSとソフトの関係で考えるとうまくいきやすいという話。
英語学習の長期目線と短期目線がある。使い分け知っておいた方が役に立つこと
英語学習の長期目線的なやり方と短期目線のやり方について。英語を学んで身につけるための使い分けと考え方。
【社会人向け】効果的な1週間の英語の勉強の仕方を紹介
社会人向け。英語の勉強をするときの1週間での計画の立て方と平日と週末のやり方。効果的で体力面の負担を考慮した組み立て方。
英会話教材を買う前に知っておくべき本当に必要な教材を選び方
英会話教材を最大限に活かすために知っておくべき選び方のポイント。間違った教材を買わないためにも必要なこと。
効率的に英語学習したいなら、土台作りをする方が近道
効率的な英語学習を可能にする土台作りの大切さ。効率重視に気を取られて遠回りになる落とし穴について解説。
英語学習で最強で最高の効果をもたらす教材とは失敗から学ぶこと
英語学習で最高の教材とは失敗である。失敗したことを通して学ぶことこそが一番学びを得る
英語学習の効果を10倍上げたいなら、やるべきたった1つのことト
英語学習の効果が出ないと悩んでいる英語学習者向け。勉強法や教材を変える以前に絶対やっておいた方がいいこと。
英語勉強法を変えても効果が出ない人に共通する3つの考え方
英語の勉強法を変えても全く上達しない人に共通する間違った考え方を3つ紹介。この3つの考え方が上達には邪魔になっている理由を解説。