英語 スピーキング

英語で会話できる量を決める要素とは?

「ネイティヴと話をすれば英語はしゃべれるようになる」

 

今も昔もこれを信じて疑わない人は減りません。

 

 

しかし、これは真実ではありません。

 

 

 

これを物語っているのは英会話スクール。

 

 

英会話スクールが乱立していてネイティブと話す人が増えたのに
うまくならない人ばかり。

 

 

それはネイティブと話をしさえすれば
英語が話せるようなるというのが起こらない証拠なのです。

 

 

では、英語で会話をできる量を決める要素とは何でしょうか?

 

それは

 

 

読める量≧書ける量≧話せる量

 

 

簡単に言うと、読めない英語、書けない英語は話せないというとこです。

 

 

そして英語は自分が知らないもの、使えないものは口から出てきません。
ないものは出てくるはずがないから、出てこないのです。

 

 

よく英会話スクールに行って失望する人はこの事実を見落としています。

 

 

できっこない状態で行ってできっこないことになって
失望しているのです。

 

 

会話と読み書きは切っても切り離せない関係です。

 

会話で使えるのは読み書きができるものだけなのです。

 

 

結局のところ、会話の上達を決めるのは読み書きがどれだけできるか?

 

 

ここの土台の強さです。

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語を話せるようになる本当の練習法
ネイティブなしの練習が本当は英語を話せるようになる近道になる理由
最速で英語が話せるようになるコツ
最速で英語を話せるようになりたいなら、押さえておきたいポイント
書ける英語を増やすことが話せる能力を向上させる
英語を話せる能力は書ける英語を増やすことによって向上していく
英語を話すアウトプット
英語を話すアウトプットでは言えなかったことがあるのは、悪いことではなく、重要なこと
口ベタを克服し、英語をしっかりと話せるようにするのは?
口ベタだから、英語が話せないのは仕方ないとあきらめてませんか?
日本人が海外で英語を話しても話が噛み合わないと言われる理由
日本人が海外で英語を話が噛み合わないと言われ、避けられる理由が日本人的な考えと認識にある。
英語が話せるようになる!英語で言いたいことが言える練習法の考え方
英会話の中で言いたいことが出てこない場合、表現の覚え方を見直して練習すると効果的
英語を使ってスターバックスで注文するときに知っておきたいフレーズ
英語圏のスターバックスで注文するときに使える表現について。これだけ知っておけば頼めます。
ネイティブを前にすると英語で言えないことが多くて落ち込むときに知っておくべきこと
英語の勉強を続けているのに言いたいことが言えなくて落ち込む。やる気をなくして努力してもムダだと思う前に知っておくべき「言えなかった体験」がメリットになる話
言いたいことが言えない!英語が話せない悔しい体験は学習効果を高めるので、喜ぶべき理由
英語で言いたいことが言えない体験をすると「自分なんかダメ」だと思ってはいけません。むしろ、学習効果を高めるのに必要な体験で喜んでOKな理由があります。