英語 スターバックス 注文

スターバックス 英語で注文するときに参考になる動画

 

 

 

こちらの動画が解説がわかりやすいです。

 

スターバックスで注文するときに使うフレーズ

 

ホットアイス両方ある場合

 

Can I have 数+サイズ+hot or iced+商品名?

 

 

例:Can I have a grande hot White Chocolate Mocha ?

 

 

 

フラペチーノの場合

 

Can I have 数+サイズ+商品名?

 

 

Can I have a venti Green Tea Frappuccino?

 

 

hot or icedは不要です。

カスタマイズするとき

まず、Can I have 〜?で注文してからでもあとから言ってもOK

 

 

Can I have ○○ with ○○?

 

 

例:Can I have a grande Green Tea Frappuccino with extra whipped cream?

 

ホイップクリーム追加のときはこういうふうに言えます。

 

 

豆乳変更

 

Can I have a venti hot latte?
Can you make it with soy milk?

 

このような感じでもOKです。

 

 

シロップいらない

 

Can I have a tall Cramel Frappuccino? No syrup with extra whipped cream.

 

 

シロップなしでホイップクリーム増量のように使うとこんな感じです。

 

 

ざっくりでも十分伝わります。

 

 

 

スターバックスで注文するときに知っておきたい英語

 

動画でも解説してくれていますが、これは知っておくと便利です。

 

 

room

 

部屋じゃないですよ笑

 

 

これはコーヒーのカップにミルクを入れるときのスペースです。
自分でミルクを入れたいときに聞かれます。

 

Room?とかWould you like room?と聞かれます。

 

 

Yes or Noで答えればOK

 

 

ちなみにroomとは部屋だけでなく、英語では空間のことも言います。

 

 

skinny

 

低脂肪ミルク

 

 

Can I have a grande skinny hot latte?のように使います。

 

 

a pike 

 

ドリップコーヒーのこと

 

スターバックスではドリップコーヒーとは言いません。

 

以上のような表現は必須です。

 

 

知っておきましょう。

 

 

スターバックスで有名な本ですが、英語でも読みやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語で会話できる量を決める要素
英語で会話できる量を決める要素とは?
英語を話せるようになる本当の練習法
ネイティブなしの練習が本当は英語を話せるようになる近道になる理由
最速で英語が話せるようになるコツ
最速で英語を話せるようになりたいなら、押さえておきたいポイント
書ける英語を増やすことが話せる能力を向上させる
英語を話せる能力は書ける英語を増やすことによって向上していく
英語を話すアウトプット
英語を話すアウトプットでは言えなかったことがあるのは、悪いことではなく、重要なこと
口ベタを克服し、英語をしっかりと話せるようにするのは?
口ベタだから、英語が話せないのは仕方ないとあきらめてませんか?
日本人が海外で英語を話しても話が噛み合わないと言われる理由
日本人が海外で英語を話が噛み合わないと言われ、避けられる理由が日本人的な考えと認識にある。
英語が話せるようになる!英語で言いたいことが言える練習法の考え方
英会話の中で言いたいことが出てこない場合、表現の覚え方を見直して練習すると効果的
ネイティブを前にすると英語で言えないことが多くて落ち込むときに知っておくべきこと
英語の勉強を続けているのに言いたいことが言えなくて落ち込む。やる気をなくして努力してもムダだと思う前に知っておくべき「言えなかった体験」がメリットになる話
言いたいことが言えない!英語が話せない悔しい体験は学習効果を高めるので、喜ぶべき理由
英語で言いたいことが言えない体験をすると「自分なんかダメ」だと思ってはいけません。むしろ、学習効果を高めるのに必要な体験で喜んでOKな理由があります。