英語 ライティング

日本語で文を考えて、英語に訳す練習は弊害だらけ

英語を自在に操れるようになるためには練習が必要です。

 

 

ただその練習をどのようにするか?

 

 

ということがポイントになってきます。

 

 

 

日本人は「自由」という言葉が大好きです。

 

 

 

大人の学習者ほど自由に何でも書きたがります。

 

 

 

 

「自由」にやっていいと思っているからです。

 

 

好きなことや凝ってることを無理矢理書こうとします。

 

 

 

「自分の好きなことだったら、いくらでも話ができるから」

 

 

という理由で英語でそれをやろうとします。

 

 

 

 

しかし、言いたいことは言いたいレベルと同じように出てきますか?

 

 

 

言いたいことを書こうとすればするほど・・・苦しみます。

 

 

 

 

出てこないので、和英サイトを調べて、何時間もかけて
ようやく書き上げます。

 

 

 

結局やることは日本語で文を考えて英訳しただけ。

 

 

 

 

しかし、文字は英語でも書いてる英語は支離滅裂。

 

 

意味も通じない不自然極まりない英語です。

 

 

 

時間をかけて苦労して書いたのに、まるで自分がダメなような気分になります。

 

 

 

 

自由に書ける人は相当の強者です。

 

 

 

 

 

初級や中級の人は自由に書きたいことを書かないこと。

 

 

むしろ型にハマった練習をした方が楽だし、効果的です。

 

 

 

表現できるだけ訓練が浅いうちは自由作文や日記で
言いたいことを無理矢理書いてはいけません。

 

 

 

書けるわけがないからです。

 

 

 

 

そもそも表現も単語も使い方を知らないから出てこないです。

 

 

 

使い方を見て、ちょっと形を変えて練習するという方が効果的です。

 

 

 

表現の使い方をちょっと形を変えて応用するだけで
即座に実際の場面に適応できます。

 

 

 

その方が早いでしょう?

 

 

 

自由に書こうとすることが実は苦痛を生んでいるのです。

 

 

 

表現力がついてないうちは自由に思いついた日本語で何でも書かないことです。

 

 

 

 

例えば、go easy on me「お手柔らかに」

 

という表現を覚えたいとします。

 

 

 

例文がスポーツの試合だったとします。

 

 

他に使えそうなのは?

 

 

→ゲームなどでも応用できるのでは?

 

 

 

このように考えれば、幅はすぐ出てきます。

 

 

 

便利な表現を文法と一緒に練習する。

 

 

→これで会話レベルの応用力まで練習してしまう

 

 

 

 

 

これって効率がいいのです。

 

 

 

自由に言いたいことや凝ってることなどを無理矢理言うより、
決まった表現を覚えた方がいいのです。

 

 

 

ここをせずにとにかく日本語で思いついた文を英訳しようとする人がいます。

 

 

 

つらいですよ?

 

 

そして労力かかるし、覚えも悪いし、楽しくもありません。

 

 

なにせ書けてもおかしな英語。

 

書けなければイライラ。

 

 

 

 

こんなやり方してる人は英語が楽しくないのです。

 

 

 

チェックされれば、???な英語ですから。

 

 

 

そんな英語をいくら練習といっても通じません。

 

 

 

通じない英語を時間も労力も必要以上に使って、
無理矢理言うことにこだわると成果も出ません。

 

 

 

 

もったいないのです。

 

 

 

せっかく使うなら通じるベースで練習した方がよくないですか?

 

 

 

言いたいことを自由に書きたいからと、
無理矢理書くことが練習ではないのです。

 

 

 

最終的に使えるようになればいいのですから、
自分の言いたい趣味やこだわりを遮二無二に書かなくてもいいのです。

 

 

 

表現力を上げていけば、自ずと言い方が見えてくるのですから。

 

 

 

 

やりたいことより、効果のあることをやること。

 

 

 

これ鉄則です。

 
スポンサードリンク


関連ページ

英語を話せるようになるにはライティングが必要な理由
英語を話せるようになるためにライティングが必要な理由とは?
英語でライティングをしたら必ず添削をしてもらうこと
英語でライティングをしたら必ず添削をしてもらう必要がある理由
英語のライティングで書くべきものとは?
英語のライティングを練習するときに何を書いたらいいのか?
英語のライティング力を支える3つの土台
英語のライティングを支える3つの土台について
書いた英語にごまかしは通用しない
書いた英語はごまかしは通用しないので、そこからしっかりできるように練習すること
英語で言いたいことが書けないときの対処法
英語で言いたいことが書けないときにどうするべきか?ライティングの練習の効果・効率を上げるために必要なポイント
効果が高い英語で書くトレーニングのやり方
英語の自由作文や日記よりも効果が高いシンプルな書くトレーニングのやり方。ライティングの基本になります。