ゲームの英語学習法

ゲームで英語学習するとき注意点3つ

ゲームは英語学習するには優秀なツールです。

ただし使い方を間違ってはいけません。

 

これはダメという例を紹介します。

 

 

英語学習でゲームを使うときによくある3つの間違い

 

1.ゲームをしさえすれば、英語は自然に上達すると思っている

 

学習なしでゲームだけやってれば、言葉を覚えるなんて都合のいいことは起きません。

 

情報を何でも都合のいい方向に解釈する人がこういう思考をします。

注意点を説明しても必ず一定数います。

 

ゲームをするのは学習したことを思い出したり、確認するためにやります。

 

ゲームすることだけが目的になって、肝心の学習はおろそかになってる人は上達はしません。

聞き取れるようにすらもなりません。

 

あくまで、学習したことをチェックするためのツールです。

 

これは

 

✕:「海外ドラマを見てれば、英語を勝手に覚える」

 

という間違いと同じです。

 

ココに注意

ゲームで遊んでいれば、自然と英語を覚えるなんてことはない

 

 

なんとなく英語を聞いて満足する

 

2.ゲームをやって英語を聞いたことに満足する

 

これはスピードラーニングと同じで効果がありません。

 

聞いてるだけでやったつもりになる人は多いです。

 

  • 英会話スクールに通ってるだけでやった気分になる
  • ジムに通ってるだけで運動した気分になる

 

こういうパターンの人は効果が全く出ていないです。

 

学習で大事なのは「やったような気分」ではありません。

 

学習して身につけたかどうかです。

 

やったような気分に浸って満足する人にはこの質問をします。

 

3日前にプレイしたときに出会った表現を2つ書いてください。

3日前にプレイしたときに気づいた文法項目を3つ書いてください。

 

答えられないんですよね。

 

3日経つと何も覚えてません。

肝心の英語が全く残っていません。

 

1本ソフトをやりきったときに覚えた表現は?

会話で使われていた文で文法的なところを理解してるか?

 

ココに注意

やったような気分は身につけたことにはならない

 

3.一切の座学(知識を吸収する)をやらない

 

これ最悪です。

 

実は英語学習者で上達しない人は大体は座学を拒否する人です。

 

「知識なんて意味がない」

「英会話はつかってなんぼ!」

 

なんて言いながら、使うためのインプットは全然やってない。

 

こういうこと言っていて、上達しない人は何も考えたくないだけです。

 

実践こそがすべて!と言ってる人ほど、実践を活かす知識がありません。

それこそ、ただやってるような気分で満足しています。

 

知識拒否の自称実践派で英語上手い人いません。

むしろわかってないことすらわかってない致命的な状態が多いです。

 

 

学習は抵抗感(やりにくさ)がないと、学習になりません。

ある種の難しさや手こずる感じがないものは学習効果がありません。

 

聞いて満足

やってるような気分で満足

 

こんな一時的な気分のために時間を使うのは無駄です。

 

英語に限らず、物事を理解するために知識を学びます。

 

知識(情報)がなければ、目の前で見たことや経験したことが理解できないままになります。

 

文法をしっかりやってない人が1万時間リスニングしても、

初心者レベルにもならないほど英語を話せないのはそのためです。

 

効果がないことは1万時間やっても10万時間やっても変わりません。

 

ココに注意

知識がないと触れている英語を理解することすらできないまま

 

ゲームは普段の学習をチェックするためのツール

 

ゲームは普段やっている英語学習の確認ツールです。

ゲームすることがメインになってはいけないということです。

 

あくまで、これまで学習してきたことを確認するために使います。

 

どこかでやった記憶があっても、思い出せなかったりするものがいくらでも出てきます。

 

学習は忘れたことに気づくことがポイントです。

 

記憶は忘れたことに気づいた方がより記憶に残りやすくなります。

 

普段やっていることが出てこないかを確認しながら、使ってみるのがおすすめです。

 

くれぐれも、ゲームしてさえいればいいということで満足しないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ゲームの英語学習法

Copyright© 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.