これを読まずに英語はするなコラム

ブスの25箇条=英語が伸びない人は全く同じだった

ブスの25箇条です。

(誤解のないように言っておきますが、容姿じゃありません。)

 

  1. 笑顔がない
  2. お礼を言わない
  3. 美味しいと言わない
  4. 精気がない
  5. 自信がない
  6. 愚痴をこぼす
  7. 希望や信念がない
  8. いつも周囲が悪いと思っている
  9. 自分がブスであることを知らない
  10. 声が小さくイジケている
  11. なんでもないことに傷つく
  12. 他人に嫉妬する
  13. 目が輝いていない
  14. いつも口がへの字の形がしている
  15. 責任転嫁がうまい
  16. 他人をうらやむ
  17. 悲観的に物事を考える
  18. 問題意識を持っていない
  19. 他人につくさない
  20. 他人を信じない
  21. 人生においても仕事においても意欲がない
  22. 謙虚さがなく傲慢である
  23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
  24. 自分が最も正しいと信じ込んでいる
  25. 存在自体が周囲を暗くする

 

 

これって英語が伸びない人と完全一致します。

 

「ブス」って、自分じゃ行動しないで人のせいにしてブスっとしてるから『ブス』です。

 

「ブス」は自分で自分を残念にしてることに気づかない。

 

ゆえに人を妬み、人のせいにし、自分以外が全部悪いという責任転嫁ワールドにいるわけです。

 

自分だけ被害者です。

 

ブスになったのも自分以外のせいと思っています。

 

実はこういう人に限って英語やりたがる人います。

 

ただし、ほぼ100%何も変わりません。

男女関係ないです。

 

ブーブー言ってるだけでブスっとした

ブス男君にブス子ちゃんと化してる人が語学留学してます。

 

そして現地でも同じです。(海外に行ったところで元々の人間性が変わるわけない)

 

厳しい現実に向き合えばお得意の「ブスワールド」を展開するだけです。

 

私も英語以外では生徒です。

 

生徒の立場として、このような人が同じところにいるだけで迷惑です。

 

「見てるとイライラするだけだからやめちまえよ」

 

って思われてることにも気づかない超残念な人もいます。

 

相談とか言ってグチグチ言うだけです。

 

私はそういう人には

 

「じゃあやめれば?」

 

と一蹴します。

 

ブス人間には私はヒドイ人とかイジワルとかレッテル貼られます。

(本当に人のこと考えてない自己中で『ヒドイ』のはどっちだいw)

 

教える立場としてもこの手の人はお断りしたいと思う先生は多いです。

教えても意味ないから。

 

いくらお金もらっても教える意欲がなくなります。

 

他の意欲のある人に水を差すだけでエネルギーを無駄使いさせます。

エネルギーの吸血鬼です。

 

がんばって結果出してるそばで何もしないくせに

 

「できない、やれない、無理」

 

とか愚痴を言い始めて足を引っ張るのです。

 

人の話も聞かない、アドバイス聞かないでいつもの結果出してないやり方では
何の分野でも成果出ません。

 

そしてますますブスワールドが強化されます。

 

「ほら、やっぱりできない。」

「こいつのせい」

「あいつのせい」

「あれが悪い」

「これが悪い」

 

自分のせいなんだけどね・・・反省ナッシング

 

意欲があって伸びている生徒さんほどこういう人は付き合いたくないです。

だから避けます。

 

避ける労力まで使わせるハメになります。

 

見極めるボーダーは素直に話を聞くかどうかです。

ブス人間は人の話を聞きませんから。

 

結果出ないで不満でグチるくせに結果出る方法そのものは聞かない。

 

これで結果出るわけねえだろ!とツッコミどころ満載。

 

意欲のある人に避けられているとしても自分が吸血鬼と化している自覚もないのです。

 

こういう人はどこの分野でもいますが、いたら反面教師にしてください。

 

そして付き合わない。

これに付きます。

 

意欲のある自分より上の人と付き合って刺激を受けた方がいいです。

 

足を引っ張るバンパイヤと付き合う必要ないです。

バンパイヤなブスは同じ生徒の立場でも嫌われる。

 

お金払って「お客様」気取ることはできない。

 

学ぶ場ではそんなお客様気取りの甘ちゃんは通用しないです。

そういう人には英語は容赦はしませんよ?

 

だから伸びてないのです。

 

テクニックでもノウハウでも教えるだけではどうしようもない

学ぶ側本人の問題も伸びない要因にはあります。

 

この25箇条に当てはまる人の場合は根本を自分から叩き直す必要ありです。

海外行こうが、いい先生につこうが結果出ません。

  • この記事を書いた人
だぶさん

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-これを読まずに英語はするなコラム
-, ,

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5