英単語の覚え方

英単語の効果的な覚え方は1度忘れること

「英単語を効率的に確実に覚える方法を教えて下さい」

「英単語を忘れない方法ってありませんか?」

 

こんな質問をよく受けます。

 

忘れないで確実に覚えるというのは無理です。

 

「一度忘れることが大事」

 

1度で確実に覚えてしまおうという努力ほど無駄が多いです。

 

忘れないために必死こいてあの手この手を考えるより、一度忘れた方がいいのには根拠があります。

 

今回は英単語覚えるときは忘れてしまうことを前提で覚えた方がいいという話をします。

 

 

英単語は忘れた方が覚えやすい理由

 

記憶は忘れた方が強化される

 

記憶の性質には「忘れた方が記憶が強化される」という特徴があります。

 

学習学の研究で毎日忘れないように覚える作業をするより、

数日開けて忘れた頃にもう一度復習した方が定着率が高くなるというデータがあります。

 

覚えた英単語は数日置きに復習する方がいいということです。

 

ちなみに記憶と聞くとどんなイメージをしますか?

 

一般的なイメージでは「詰め込む」という感じではないでしょうか?

 

PCのHDDなどはまさにデータを詰め込んで格納場所から探す仕組みになってます。

 

人間の脳もこのようなイメージを持たれがちです.

 

記憶は何度も情報のあるところに行って、その都度書き換える作業を行い、その頻度が多くなるとスムーズにアクセスできるようになります。

 

例えば、considerという単語を覚えようとします。

 

熟考する

よく考える

検討する

〜と見なす

 

などの意味があります。

 

You need to consider her feelings.

We consider Plan B as the best.

 

などのように使うことができます。

 

いろんな使い方がありますが、これを一度だけで完璧に覚えることは不可能。

 

日を置いて何度も使うことによって、記憶する部分にアクセスを繰り返すとスムーズに取り出しができるようになります。

 

強く忘れない記憶になるのは繰り返して何度も脳に送り込んだ情報です。

 

忘れない記憶に変えるには何度も使うことで思い出す作業がどうしても必要になってきます。

 

1日で集中して絶対覚えようと躍起になるより、日を置いて忘れたころに忘れたことを自覚して練習した方が効果が高いです。

 

これは脳の仕組みがそうなっている以上、逆らうことができません。

 

一度に確実に覚えたいというニーズがあることはわかっています。

 

しかし、それはニーズであって、我々の脳の仕組みに逆らっていることになります。

 

 

忘れた事実に直面しないと覚えたか覚えてないかわからない

 

英単語を覚えるときは必ず忘れる前提で取り組むようにしてます。

 

絶対忘れます。

 

忘れなかったことはありません。

 

覚えようと思った当日にスペルの練習します。

例文を参考にたくさん書いてみます。

 

しかし、3日もすると完全に思い出せないことがあります。

 

「3日前に覚えた単語何だったっけ?」

 

撃沈

 

なんてことがほぼ毎回あります。

 

どれだけ英語がわかるようになったとしても、単語は1度で完璧に覚え切ることは不可能です。

 

1回で覚えようとして2時間費やすより、複数回やって1回につき10分の労力の方が効果的になります。

 

 

忘れないように

 

これはダメ

前日にやったことを次の日に復習

帰宅してすぐに復習

 

なんていう方法を受験勉強でも教えられていますが、これは間違いです。

 

完全に忘れてないうちに復習しても、覚えたような気になるだけで記憶が強化されるわけではありません。

 

復習するタイミングが大事

 

もちろん一度忘れたあとに忘れっぱなしにするのは労力の無駄です。

 

復習は忘れた頃にもう1度やり直すと、やったことを思い出します。

これが1ヶ月後や3ヶ月後にやっても忘れたことすら忘れてます。(きみまろ風のあれ)

 

復習のタイミングは

 

1回目:3日後

2回目:7日後

3回目:14日後

 

4回目以降は1ヶ月後でもOKです。

 

忘れただろうと思える頃に再度復習するような感じで大丈夫。

 

ただし、1回目は即日とか、やったあとすぐに復習するというのはダメです。

必ず3日は開けてください。

 

もちろん1回目の復習をした翌日に再度同じことを復習するのも避けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
だぶさん

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-英単語の覚え方

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5