リスニング

英語が聞き取れない3つの原因を解消すれば、聞き取れるようになる

「英語が聞き取れないのですが、どうしたらいいですか?」

 

この質問はよくされます。

 

英語が聞き取れない原因は大きく3つに分類されます。

 

逆に言えば、3つの原因を知って対処すれば聞き取れるようになります。

 

 

 

英語が聞き取れない原因

 

聞き取れない原因は以下の3つが

 

  1. 英語の音そのものが聞き取れていない場合
  2. 聞いている英語の音が自分が知らない意味がわからない単語や表現の場合
  3. 音の連結、脱落に慣れていない

 

 

 

1の英語の音そのものが聞き取れていない場合

 

意味を知っている単語でも発音に慣れていないと聞き取れないことがあります。

 

ただ単に耳にしている英語の発音に慣れていないだけです。

これはちょっと練習すれば聞けるようになります。

 

単語のスペルや意味だけを見て、発音の確認をしてない場合によく起こります。

 

 

2.自分が知らない意味がわからない単語や表現の場合

 

この方が圧倒的に多いのです。

 

「リスニングで英語を聞く練習をする=英語が聞き取れる」

 

このような発想でリスニングをしている人がほとんどなのです。

しかし、これだけでリスニングはできるようにならないのが現実です。

 

リスニングの極意は

 

『自分の知っている単語や表現、もしくは読んで意味のわかる文章を音声で聞いて音になれること』

 

なのです。

 

つまりただ音を聞くだけでの練習をしてもできるようにならないものなのです。

 

逆に言えば、知っている英語(もしくは使える英語)を増やして聞く練習した方が実は一番近道なのです。

 

この原則に合わせて考えるなら、リスニングのレベルアップはリーディング、ライティングのレベルに比例しています。

 

ここを飛ばしていくら英語を何万回聞くより、読める書ける英語を増やしながら聞く練習をする方が上達は圧倒的に早いのです。

 

結局のところ、リスニングでやってることは知っている英語を音で聞けるようにするだけなのです。

 

 

3.音の連結、脱落に慣れてない

 

これは英語特有の発音に慣れてないときに置きます。

 

音の連結(リエゾン)

音の脱落(リダクション)

 

知ってる単語や表現であっても、聞き取れないことは発音のされ方に慣れてないことでも起きます。

 

リエゾン、リダクションについては別記事で解説します。

 

Open up「オプナ」

Give up「ギバッ」

Check it up「チェキラ」

 

のように聞こえるようなやつです。

 

この手の類の発音方法はいろいろあります。

法則があるので、それを知っておけば十分聞けるようになります。

 

つまるところ、発音を知る=文章レベルでのリスニングの向上につながるのは特にこの部分です。

 

もちろん話全体のことを理解しながら、聞くというトレーニングも必要ですが、

発音のされ方を知り、それに慣れていくというのが最初は大切になってきます。

 

 

原因を解消すれば聞き取れる英語が増える

 

リスニングで聞き取れる=単語(表現)の意味がわかる+発音のされ方を知っている

 

これが重要になってきます。

 

もちろん、発音は再現できる場合はリスニングもできることになります。

 

もし、たくさん英語を聞いていてもわからないままであるなら、読み書き+発音のトレーニングをしてみてください。

 

そうすると、今まで聞いてもわからなかったものが聞けるようになってきます。

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
だぶさん

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-リスニング
-,

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5