これを読まずに英語はするなコラム

【英単語を覚えられない人向け】英単語の復習にはブレインダンプがおすすめな理由

今回は英単語をなかなか覚えられない人向けの話です。

 

単語をなかなか覚えられない自分に悩んでいませんか?

 

記憶力がないから

頭悪いのかもしれない

 

こんなふうに自分を責めていないでしょうか?

 

英単語は一度忘れた方が記憶の強化をしやすいです。

 

no image
参考英単語の効果的な覚え方は1度忘れること

「英単語を効率的に確実に覚える方法を教えて下さい」 「英単語を忘れない方法ってありませんか?」   こんな質問をよく受けます。   忘れないで確実に覚えるというのは無理です。 &n ...

続きを見る

 

 

英単語をなかなか覚えられないという悩みを抱えてる人におすすめしてる方法があります。

 

「ブレインダンプ」と呼ばれるもの。

 

単語を覚えられる手法が思いつかない人はぜひ実践してほしいやり方です。

 

 

英単語の復習にブレインダンプがおすすめ

 

ブレインダンプとは?

 

大事なのは「忘れたあとに何をするか?」です。

 

ブレインダンプは思いつく限りのことを書き出して、頭の思考を整理する方法のことを言います。

 

ビジネスの現場や研究の分野でも活用されています。

 

頭の中から、思いつく限りのことを単語やフレーズにして、一気に書き出します。

 

細かいことは考えず思いつく限りのことをとにかく書いてOK。

 

もう何も思いつかないというところまで脳を絞り出すように使います。

 

頭の中にあることを吐き出し尽くします。

 

出したものを見て考えを整理することで、考えがよりクリアになります。

 

これを英単語でやります。

 

思いつく限りの単語をノートに書きましょう。

 

ブレインダンプについてもっと詳しく知りたい人はこちらの本がおすすめです。

 

created by Rinker
¥1,188 (2021/09/24 11:20:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

用意するもの

 

  1. 白紙タイプのノート
  2. ペン(シャープペン、鉛筆でも可)
  3. 赤ペン(ボールペン)
  4. 青ペン(ボールペン)

 

ノートは落書きできるような白紙がおすすめ。

無印で売っているような白紙のものがおすすめです。

 

A4サイズでOK。

 

方眼や罫線があるとついついきれいに書こうとします。

 

自由に書く位置など考えなくてOK。

 

とにかく書けるものがあればOKです。

 

 

英単語復習用ブレインダンプのやり方

 

教材や参考書、ノートは一切見ないようにします。

見ると効果がなくなるのでやめましょう。

 

テーマは「○日前にやった単語」のように決めてOKです。

 

1ヶ月前にやった単語

先週やった単語

 

のようにテーマを決めます。

 

時間は10分か15分で十分です。

スマホのタイマーを使って、時間いっぱいまでやります。

 

step
1
時間いっぱい思いつく単語、文章をひたすら書く

 

最初は思い出せるものをひたすら書いていきます。

スッと出てくるもの、ちょっと考えると出てくるものを書きます。

 

step
2
思い出せないものを洗い出す

 

思いつくことを書きます。

 

例えば、surppressionという単語が思い出せないとします。

 

そのときは、「抑制」という意味の単語のように書きます。

意味もスペルも出てこないときは、

 

Sから始まる単語

 

のようにざっくりと覚えていることを書いてください。

 

思い出せなく

 

step
3
思い出せたもの、思い出せなかったものを整理

 

時間終了後にチェックしていきます。

 

  • すんなり思い出せたもの
  • ちょっと考えて思い出せたもの(青でチェック)
  • 全く思い出せなかったもの(赤でチェック)

 

 

分類します。

 

大事なことは

 

  • 完全に覚えていること
  • 覚え方が不完全なもの
  • 全く覚えてないもの

 

これらをしっかり把握し直すことです。

 

全く覚えてなかったものは再度確認し直します。

 

 

ブレインダンプの頻度どのぐらいでやればいい?

 

週に2回できれば十分です。

 

 

毎日やる必要はありません。

 

1週間分の復習

1ヶ月前の復習

3ヶ月前の復習

 

テーマは毎回自由に決めてOK。

 

思い出せないものを洗い出すことで、記憶し直すと忘れにくくなっていきます。

 

 

ブレインダンプは繰り返すことで記憶を強くする

 

英単語が覚えられないと悩んでいた人。

 

英単語の復習はノートに書いた単語を眺めてるだけになってませんか?

 

ノートや単語帳を眺める方法は記憶の強化にはほとんど役に立ちません。

 

多くの日本人は

 

「復習=見直すこと」

 

というふうに考えています。

 

これがそもそも非効率で効果のない原因になってます。

 

見直すとなんとなく覚えていたような錯覚になります。

 

これでは記憶を強化することはできません。

 

だから、すぐに忘れてまた思い出せない状態が繰り返すことになります。

 

記憶の強化は

 

忘れていたものをなんとか思い出そうと四苦八苦してみる

 

このプロセスを持つことが大事です。

 

思い出せないものを思い出そうとすることで、記憶は強くなります。

 

忘れていることが問題ではありません。

 

思い出そうとあえて「うーん、なんだったかなあ」と思い出そうとするときに強くなります。

 

うなりながら復習する時間を持つと必ず覚えられます。

 

ブレインダンプは英単語1語だけなく、表現にも使えます。

 

そして、文法の復習にも応用ができます。

 

やり方次第ではどんなものでも応用可能です。

 

ぜひこの方法試してください。

 

 

 

  • この記事を書いた人

だぶさん

大学時代に英語科を専攻。オーストラリアのワーキングホリデーを経験。 翻訳の仕事にも従事。英語学習の研究データと独自の実践データを組み合わせて見つけ出した英語上達の法則を紹介。

-これを読まずに英語はするなコラム
-, ,

© 2021 上達を確かなものにする英語勉強法がわかるサイト Powered by AFFINGER5